イギリス留学トップ大学一覧リバプール大学リバプール大学の体験談 > 最優秀卒業論文賞を受賞。念願のサッカー業界で起業にかかわる!
矢島 展弘さん

矢島 展弘さん

留学先:リバプール大学 The University of Liverpool
留学分類:ビジネススクール留学
専攻名:フットボール経営学修士 Football Industries MBA
留学期間:2006年〜2007年
beoカレッジ受講コース:大学院進学準備コース(NCUK GD 旧PMP)
受講期間:2006年3月~2006年8月
卒業後の現在は、少年サッカー関連の企業の立ち上げに従事

最優秀卒業論文賞を受賞。念願のサッカー業界で起業にかかわる!

最優秀卒業論文賞を受賞。念願のサッカー業界で起業にかかわる!

Categories: MBAフットボール / beoで大学院留学準備コース受講 / ビジネススクール留学 / リバプール大学
国内で受講できるbeoカレッジの大学院留学準備コース修了後、リバプール大学 The University of Liverpoolでフットボール経営学修士 Football Industries MBAを学ばれている矢島さん。帰国された矢島さんへのインタビューの模様をお届けします。

留学中は、現地レポートにご協力いただきまして、ありがとうございました。最終回が「これからワークプレイスメントと卒業論文」というところで終わっていましたが。

矢島さん: そうでしたね。ワークプレイスメントは、リバプールFCという名門クラブチームで2ヶ月間行なうことができました。プレイスメント先を決める前に卒論のテーマを決めて、そのテーマに沿ったリサーチができる会社なり、チームなりを自分で探しました。7~8社・クラブに企画書を送り、半分返事が来て、結局リバプールFCからOKをもらいました。

プレイスメント中は、クラブのスタッフや、彼らのビジネス・パートナー、日本から来る協会やクラブチームの関係者などにメールでアンケートや直接インタビューをもらいました。その後、集めた膨大なデータを管理・分析して、参考文献を読んで、卒論にしていくという作業があります。

これは、それこそ大学院留学準備コース(PMP)で、文献の必要箇所だけを効率よく拾い読みするというポイントを教えてもらったことが、こなす文献の量の差になったかなと思います。またPMPでデータの扱い方を学んだことが、リサーチに有益な信憑性のあるデータソースにアクセスできているという評価を実際に教授からもらうことにもつながったと思います。

PMPでイギリスのデータベースとか、ジャーナルのアクセスの方法なども教わったんですけど、それがちゃんと現地のコースワークやリサーチで活かせるっていうのは、うれしかったですね。

最優秀論文賞の受賞

他のPMP卒業生の方からも、PMPで学んだことが現地で役に立ちましたと、同様のコメントをいただきました(笑)。矢島さんは、卒論で最優秀論文賞を受賞されたとか!

はい。Football Industries MBAでは、30名くらいの学生の中から、コース全体の成績で評価される最優秀学生のほかに、コースと関係のあるイングランドのサッカークラブがスポンサーになっている最優秀論文賞の受賞者が選ばれるのですが、それをなぜか僕が受賞しまして。

「アジアの留学生が英語で論文書いて偉いね」という意識が選ぶ側にあったのかなとは思いますけど、論文の他にもコース全体の成績においても、現地の学生に負けないパフォーマンスをしていたというのも、評価していただいた理由のようです。

これは、本当にPMPのおかげです。親にも今日は「PMPのおかげだって言っておいで」と言われてきたので(笑)。いや、でも本当にそうですよ。PMPで書いた最初の400ワードのエッセイの評価に比べて、MBA留学してすぐに書いた10倍以上の長さのエッセイの評価が良かったので、ああ、PMPを通して力がついてたんだなと、現地についてすぐに感じましたよ。

専攻以外の分野を学ぶことについて

PMPでは、ビジネス以外、例えば国際関係などの文献も扱いましたよね。

はい、文献も読みましたし、リスニングでも国際関係などの題材は扱いました。それも現地でずいぶん活きました。イギリスや国際的な文脈でサッカーを考えると、社会背景として未就学児や未就労の問題もあり、そうした問題に対してフットボール・クラブが何をできるか、というのを考えることがあります。ヨーロッパは、やはりアフリカと関係が深いので、おのずとサッカーにおいても、アフリカとの関係性が考えられたり、ゲストスピーカーが来て、サッカーと国際問題に関しての講演を行なったりとか。

PMPでそういうトピックも扱っていましたし、クラスメイトからも話を聞いていたので、割とついていけてましたけど、そういった経験がなかったら、理解するのは、相当きつかったと思います。環境、宗教、人種・・様々な社会全体の知識を身につけたことは、現地での勉強において非常に助かりました。

就職活動について

お役に立ててよかったです。卒論の後、就職活動はどのようにされたんですか?

ワークプレイスメント中に日本に一時帰国して、日本のサッカー界の方にインタビューをして、ある程度リサーチや、コネクション作りはできたんです。でも、在学中は、あまり絞り込まないようにして、9月卒業して、日本に帰国、12月までに決めようと思っていました。僕の場合は、帰国後、MBA留学中のネットワークのおかげで、スポーツ業界からいろいろお話をいただきました。

その中から選ばれた道として、新しい会社の起業というのは、とてもチャレンジングな選択だと思うのですが

僕らがやってることは、草サッカー業界の発展に関わることなんですが、僕のボスはその業界の第一人者なんですね。ですので、ベンチャー企業の立ち上げというほど、チャレンジングという意識はあまりありません。ただ、第一人者の彼が、自分で長年作り上げたものを一度ゼロにして、違うものを作っていこうというプロジェクトに関わるのはおもしろいですね。

転職にあたっては、留学で得た経験や知識を活かして、それを実践に落とし込んで、どう身体で学べるか、ということを意識して、仕事を選びました。最終的には、会社の経営に触れ、ある程度の権限を持って仕事をできるということが、この仕事を選ぶ理由になりました。

今後のご活躍を期待しております。本日はお忙しい中、お時間をいただきありがとうございました

★大学院進学準備コースの詳細はこちら