イギリス留学トップ大学一覧アングリア・ラスキン大学アングリア・ラスキン大学の体験談 > アングリア・ラスキン大学で絵本アートを学ぶ 第6回 RSPB(王立鳥類保護協会)での活動
東郷 なりささん

東郷 なりささん

留学先:アングリア・ラスキン大学 Anglia Ruskin University
留学分類:大学院留学
専攻名:チルドレンズ・ブック・イラストレーション MA Children's Book illustration
留学期間:2010年9月〜2012年1月
beoの留学サポートを利用して留学。個人ブログ「クイナ通りSoi17」では作品を随時更新中

アングリア・ラスキン大学で絵本アートを学ぶ 特別編★絵本出版

アングリア・ラスキン大学で絵本アートを学ぶ 第6回 RSPB(王立鳥類保護協会)での活動

Categories: アングリア・ラスキン大学 / アート&デザイン / 大学院留学
優秀な人材を輩出し続けるアングリア・ラスキン大学 Anglia Ruskin Universityのチルドレンズ・ブック・イラストレーション Children's Book illustration。同コースを卒業した日本人学生の中には、ニューヨーク・タイムズが選ぶ児童文学イラストベスト10に選ばれた方もいます。同コースに留学中の東郷さんの現地レポートをお届けします。

ようやくというべきか、早くもというべきか2学期がはじまった。久しぶりに顔を合わせたクラスメートと休み中の出来事を語りあい、返却されたお互いの課題を見せ合ったのも束の間で、すでに次のプロジェクトがはじまり忙しくなった。今回のエッセイでは、アート留学とは直接、関係はないが、留学を考えている人のなかにはバードウォッチャーもいるかもしれないので、課外活動としてわたしが参加しはじめたRSPB(王立鳥類保護協会)ケンブリッジ支部での体験をまとめてみた。

RSPB(王立鳥類保護協会)ケンブリッジ支部に入会

バードウォッチングが好きなわたしは、10月初めに自転車を買い、すぐさまケンブリッジ市内から15キロほど離れたWicken Fenというナショナル・トラストが運営する自然保護区まで行ってみた。今から考えると、10月はまだ日が長かったからこそ、気軽に遠出できた気がする。そのとき、鳥を見るための小屋でたまたま出会い、声をかけてくれた女の人が、鳥が好きならRSPBのケンブリッジ支部に入るとよいと紹介してくれたので、すぐにメールを書き入会した。RSPBはイギリスで一番大きな自然保護団体で、それぞれの地域に支部が存在する。

わたしが入ったのは支部なので、ケンブリッジを中心にした地域のバードウォッチャーのこぢんまりとした集まりだ。年配の人がかなり多いが、若い人も数人はいる。外国人にもひとり会った。まず驚いたのは年会費が10ポンドと、日本の各種団体の会費と比べるとずいぶん安いことだ。これはRSPBに限ったことではなく、Wildlife TrustやCambridge Bird Clubなどをみても同じようだ。団体運営に対するサポートがしっかりしているからか、会員数が多いからなのか、理由はわからない。

RSPBでの活動の様子

わたしが入会した支部では、月に一度、平日の夕方に屋内の例会、休日に探鳥会がある。例会はケンブリッジ大学や教会の部屋を借りて、スライドを見ながら講演を聴く。ポーランドで自然保護活動をしている人を呼んで現地の話を聞いたり、East Anglia周辺を活動拠点にしている写真家のスライドを見たりと内容はさまざまだ。探鳥会は市内から車で1-2時間ほど離れた自然保護区での開催が多く、公共の交通機関では行けない場所がほとんどだが、事前に連絡しておけば、市内から乗せていってくれる人をアレンジしてくれる。その場合は、ガス代として距離に応じて5から10ポンドほど払う。自分の車を持っていても、環境保護のためにカーシェアリングをする人もいる。

11月の探鳥会ではノーフォークのHolme Dunesという自然保護区に行き、ビーチ、海岸沿いの草地や湿地で鳥を観察した。タゲリやダイシャクシギ、タシギ、ヒドリガモなど日本で馴染みの種、コクガンやハイイロガン、メンフクロウ、ヨーロッパチュウヒ、ヨーロッパヤマウズラなど日本では滅多に、または全く見られない種など50種近くの鳥を見た。この地域ならではの真っ平らで霧がかかった湿地風景も感動的だった。

ノーフォークHolme Dunesでの探鳥会風景
ノーフォークHolme Dunesでの探鳥会風景

ノーフォークにあるRSPBの自然保護区Titchwellの風景
年末に鳥見に連れて行ってもらった、ノーフォークにあるRSPBの自然保護区Titchwellの風景

大学で学んでいるだけでは、学生以外の知り合いをつくるのは難しい。そういう意味でこのRSPBへの参加は、実際にケンブリッジ周辺に住んでいる地元の人と知り合うきっかけとなったのでとてもよかった。この会で知り合った人と何度か鳥見に行ったり、BBCの鳥系の番組がインターネットで見られることを教えてもらったりと世界が広がった。また、わたしにとっては、絵やストーリーのネタ探し、自然を直接見て、スケッチするという意味でも貴重な機会になっている。2月半ばにはEstuary Birdwatchingという週末のツアーに参加してみる予定だ。

1月の探鳥会で行ったRSPBの保護区Rye Meadsで見つけた。
保護区にある展示はユニークなものが多く、内容面でも展示の仕方の面でも勉強になる。これは1月の探鳥会で行ったRSPBの保護区Rye Meadsで見つけた。

●お知らせ●
わたしが在学しているコースがNHK BS1のガッチャンという番組で紹介される予定です。
2月11日(金) NHK BS1 18:00-18:20
「夢を描け!イギリス絵本学部」ほか

★留学に関するご相談はこちらから【無料】