イギリス留学トップ大学一覧カンタベリー・クライスト・チャーチ大学カンタベリー・クライスト・チャーチ大学の体験談 > 【世界遺産の街】カンタベリーで語学留学 第7回 cost of living
佐藤 梨冴さん

佐藤 梨冴さん

留学先:カンタベリー・クライスト・チャーチ大学 Canterbury Christ Church University
留学分類:語学留学
専攻名:一般英語 General English
留学期間:2010年4月〜2010年9月
beoの留学サポートを利用して留学

【世界遺産の街】カンタベリーで語学留学 第10回(最終回) Looking back life in Canterbury

【世界遺産の街】カンタベリーで語学留学 第7回 cost of living

Categories: カンタベリー・クライスト・チャーチ大学 / 語学留学
中世の街並みが残る世界遺産の街・カンタベリー。カンタベリーの歴史そのものと深く関係して栄えてきたカンタベリー・クライスト・チャーチ大学 Canterbury Christ Church University は、留学生のために、質の高い英語コースを提供しています。同校に語学留学されている佐藤さんの現地レポートをお届けします。

cost of living

私は毎月およそ3~4万円で生活しています。ホームステイで滞在しているので普段買うものは昼食と必要なもの(日用品)です。ただし夏休みにはロンドンへ行きお土産や運賃代がかかったので他の月より出費が多かったです。昼食は学校のフードコートで食べる場合、4ポンド程度と外のカフェに比べ少し安いです。

学校のフードコートでの昼食
学校のフードコートでの昼食

ホームステイとアコモデーション(学生寮)では費用が異なります。ホームステイに比べアコモデーションはおよそ1日五百円から千円ほど安いです。私のクラスでは私以外全員、アコモデーションで暮らしています。滞在期間が長い予定の人はアコモデーションを選ぶ人が多いです。私みたいに滞在期間が半年以下の学生はホームステイを選ぶ学生が多いです。

ホームステイの良い所は毎回食事を気にする必要がなく、ホストファミリーとコミュニケーションがとれる所です。アコモデーションに暮らしている友達はたくさんの国籍の学生に会うことができ、家でパーティーがあったりして賑やかで楽しそうです。しかし引越しをする場合は、タクシーを呼んで荷物も移動させなければならないので友人の引越しを手伝った時は大変でした。

残りの留学生活

もう8月になり、留学生活も残り1ヶ月と少々になりました。イギリスに来てすでに4ヶ月が過ぎましたがつい最近来たばかりのように感じます。日本に帰る日が近づいていると思うととても寂しく思います。クラスメイトは美術、音楽、財政や建築など人それぞれ違う目的をもって日々励んでいます。日本の大学ではこんなに幅広い領域の学生と一緒に同じ教室で勉強する機会は少ないのでとても貴重な時間を過ごしていると思います。残りの日々を有意義に過ごしたいです。

カウンセラー 藤井カウンセラー 藤井より

日本は連日暑い日が続いています。イギリスも今年は暑いようですが、日本に比べて気温が低いので過ごしやすいのではないでしょうか。佐藤さん、友人やホストファミリーとのコミュニケーションが、英語力アップへの大きなモチベーションになっているようですね。留学体験が、自分の将来を考える、大きなきっかけになると良いなと思います。

★カ ンタベリー・クライスト・チャーチ大学日本語ホームページ
★語学留学に関するご相談はこちらから【無料】
★夏の特別コース「サマースクール」申込受付中