イギリス留学トップ大学一覧カンタベリー・クライスト・チャーチ大学カンタベリー・クライスト・チャーチ大学の体験談 > 【世界遺産の街】カンタベリーで語学留学 第3回 Arriving in Canterbury
佐藤 梨冴さん

佐藤 梨冴さん

留学先:カンタベリー・クライスト・チャーチ大学 Canterbury Christ Church University
留学分類:語学留学
専攻名:一般英語 General English
留学期間:2010年4月〜2010年9月
beoの留学サポートを利用して留学

【世界遺産の街】カンタベリーで語学留学 第10回(最終回) Looking back life in Canterbury

【世界遺産の街】カンタベリーで語学留学 第3回 Arriving in Canterbury

Categories: カンタベリー・クライスト・チャーチ大学 / 語学留学
中世の街並みが残る世界遺産の街・カンタベリー。カンタベリーの歴史そのものと深く関係して栄えてきたカンタベリー・クライスト・チャーチ大学 Canterbury Christ Church University は、留学生のために、質の高い英語コースを提供しています。同校に語学留学されている佐藤さんの現地レポートをお届けします。

オリエンテーション

私は4月11日の日曜日にイギリスに到着し、12日の月曜日にオリエンテーションを受けました。オリエンテーションではまず学校の施設案内を受けました。学校と図書館は離れていて学校から図書館までは歩いて約10分で行くことができます。学食は学校に3ヶ所、図書館に1ヶ所あります。値段は3ポンドから4ポンドのものが多いです。

図書館にはi-zoneという学生をサポートしてくれる場所があります。そこで学生寮やホームステイなど学生生活のことなら何でも相談することができます。施設案内の後は学生寮、ホームステイ先での注意やイギリスでの暮らしなどについて説明を聞き、最後にplacement testを受けました。placement testではまず文法問題、次に作文、最後にspeakingをしました。speakingでは先生と一対一で話し、留学の理由などを聞かれました。

留学生活の始まり

ホームステイ先でもたくさんの国の留学生と会話

ホームステイは初めてだったので初めは緊張していましたが、ホストファミリーがとてもフレンドリーですぐに新しい生活に慣れました。朝と夜は食事が付いているのでとても楽です。毎日学校から帰ると温かい晩御飯を作ってくれます。昼は友達と学食やカフェで食べたり、スーパーで買って近くの公園で食べたりしています。先週はイタリアから高校生の男の子3人が私と同じホームステイ先に一週間滞在していました。私のホームステイ先は入れ替わりが多いのでたくさんの国の留学生と会話ができとても楽しいです。

課題は毎日!writingスキルが伸びていることを感じる

学校は日本と比べてクラス人数が少なく、また授業中に発言をする機会が多いので最初は少し抵抗がありましたが、今は慣れて何とかクラスに馴染むことができています。課題は毎日あります。主にwritingの課題が多く、提出した次の日に先生がクラス全体の間違ったセンテンスをプリントにまとめて授業の初めに皆で訂正します。私はwritingが得意ではないのでこの作業はとても役に立ちます。自分の間違いだけでなく他の人の間違いを直すことで自分のwritin gのスキルも伸ばせます。

カンタベリーの印象

初めてカンタベリーに着いたとき、カンタベリーは綺麗な町で人で混雑していなくて過しやすそうだなと思いました。大聖堂が高いので少し離れた場所からも見ることができ印象に残っています。実際、カンタベリーの中心に行くとお店や大聖堂があるのでたくさん人が集まっていてにぎやかですが、町自体はとても落ち着いていてとても過しやすいです。大聖堂があるので週末だけでなく平日にも多くの観光客が来ていて日本人観光客に会うこともあります。大聖堂の付近は城壁に囲まれていて日本では見られない光景が見られます。

学校から見た城壁
学校から見た城壁

町の中心のhigh streetに出掛けるとたくさんのお店がありショッピングを楽しめます。スーパー、お菓子屋さん、本屋さん、DVD・CDショップ、化粧品や服屋さんがあり欲しい物は何でも揃います。日本からすべて必需品を用意してきたのでカンタベリーに来てから買えば荷物がもっと軽かっただろうなと少し後悔しました。

休日によく訪れるhigh street
休日によく訪れるhigh street

イギリスに来てもうすぐ2ヶ月になります、6月の中旬に2週間の夏休みがあるので友達とロンドン行ったり、現地でしかできないことをたくさん体験して有意義な夏休みにしたいと思います。

カウンセラー 藤井カウンセラー 藤井より

佐藤さんから教えて頂いた、日本から持参して良かったものベスト3を紹介します!

No.1★洋服:現地の洋服屋さんを見ても日本の服より布地が薄い。来て間もないころはまだ寒かったので上着を持って来ていて良かった。
No.2★文房具:友達が現地で買っていたが特にノートは日本製の方が書きやすい。ラインが余計に入っていたり、紙質があまり良くな かったりした。
No.3★カメラ:日本の学校、家族や友達に写真を送って様子を伝えることが出来て便利。

その他、ご自身の出身地の英語版のパンフレットを持参したことが良かったそうです。最初にホスト・ファミリーと話すきっか けになったとか。日本についても説明がしやすいですよね。

佐藤さん、貴重な情報をありがとうございました。これから留学予定の方は是非、参考になさってみてください!

★カ ンタベリー・クライスト・チャーチ大学日本語ホームページ
★語学留学に関するご相談はこちらから【無料】
★夏の特別コース「サマースクール」申込受付中