イギリス留学トップ大学一覧リーズ大学リーズ大学の体験談 > リーズ大学留学 ~英語教授法 TESOLを学ぶ~
無題ドキュメント
村上 遥さん

村上 遥さん

留学先:リーズ大学 University of Leeds
留学分類:大学進学準備、大学留学
専攻名:BA TESOL
留学期間:2017年7月~2021年6月
beoの留学サポートを利用して留学

リーズ大学留学 ~英語教授法 TESOLを学ぶ~

リーズ大学留学 ~英語教授法 TESOLを学ぶ~

Categories: リーズ大学 / 大学留学 / 大学進学準備 / 英語教授法(TESOL)
英語教育に興味を持ち、日本の英語教育の在り方について考え始めた村上さん。世界における海外の英語教育と日本の英語教育について考えるべく留学を決意、今年の夏より International Foundation Year (大学進学準備コース)に進学し、来年秋よりリーズ大学 BA TESOL へ進学されます。留学までの準備や将来の目標について、お伺いしました。


留学をしようと思ったきっかけや、理由があれば教えてください。

5週間イギリスのオックスフォードでサマースクールに参加している際に、日本人は同世代の海外の子に比べて英語を話すのがうまくないことに疑問を持ちました。そして様々な友達と自分たちが受けてきた英語教育の話をして行くうちに、英語教育制度の差が見えてきました。その時から、海外の大学で日本の英語教育と海外の英語教育を比較して日本にあった英語教育を学びたいと考えたからです。

留学先を決めるにあたって、どのようにして情報を集めましたか?

オックスフォードで参加したサマースクールのスタッフにリーズ大学出身の方がたくさんいました。最初はその方々から話を聞くところから始まり、帰国後高校の先生に聞いたり、インターネットで調べたり、最終的にはキャンパスビジットで大学を訪れました。

留学先の絞り込みのポイントは何でしたか?なぜイギリスを選んだのかも教えてください。

私は、短期ではありますが、イギリスに3回とアメリカに1回と短期留学を経験しました。その際に国の雰囲気がイギリスのが好きだったのがきっかけです。その後、将来夢である教員になれた時に自分の特徴や持ち味になるものが欲しいと思いました。現在の日本の学校や社会ではアメリカ英語を話す人のが多いです。しかし、歴史を遡ってみると根底にあるのはイギリス英語です。なので、イギリス英語に触れ、イギリス英語が話せるというある一種の個性が欲しかったからイギリスを選びました。大学の決め手は、そもそも自分がやりたいことができる大学がここしかなかったことと、大学を訪問した際の人々の優しさや雰囲気で決めました。

最終的にリーズ大学の英語教授学プログラムを選んだ理由は何でしたか?

私は英語学でも教育学でもなく、英語教育学を学びたいと考えていました。英語教育が専門で学べる大学はリーズ大学くらいしかありませんでした。リーズ大学はTESOLという英語教授法を学ぶ学部があります。本来大学院に多く見られるコースで、私自身も大学院で学ぼうと考えていましたが、リーズ大学にはそのコースが学部からあったのでここしかないと思っていました。またこのコースはたまたま私が入学する年からできるコースで何かのご縁を感じたのもきっかけの一つです。

留学をするにあたっての一番乗り越えなくてはならない壁は何でしたか?(費用、休暇の確保など)

特に壁はあまりありませんでしたが、学校の成績も取らなければいけない状況の中で学校の期末試験とPersonal Statementを書く時期が重なってしまったのはきつかったように思います。また、条件付き合格をもらった後で、もともと入学するはずだった学部がなくなる、という報告が学校から来た時は相当焦りました。(そのあとすぐに、英語教授法 TESOLのコースの開講が決定したので、そのコースに入学することにしました。)

beoのサポートを利用したからこそ実現できたと思うことがあれば教えてください。

出発の前にオリエンテーションで行く人たちと顔合わせができたのがよかったと思います。

それ以外にも現地のスタッフの方が来て行われるイベントが定期的にあったのが、出発前からスタッフの方と知り合えて良かったです。

留学先での目標や、実現したいことがあれば教えてください。

一番の目標は先ほども書かせていただいたように、日本の英語教育と海外の英語教育を比較して日本にあった英語教育を自分の納得がいくまで学ぶということです。さらにCELTAという資格にも興味があるので取得できたらと考えています。しかし勉強だけではなく、リーズ大学はstudent unionがとても充実していて、部活やサークルもたくさんあるため、とにかくいろんなことにチャレンジして一日も無駄のない充実した生活を送りたいと思っています。またヨーロッパを周る旅行などもしたいと考えています。

留学を終えた後の、将来の目標やビジョンがあればぜひお聞かせ下さい。

日本に帰国し、教職課程を学んだ後、日本の中学高校で英語の教員になりたいです。

留学したいとお考えの方や、留学を迷っている方へのメッセージをお願いします。

学部留学には学部留学にしかない価値があると思います。

もちろん大学院での留学も素晴らしいですし、いい選択だとは思います。しかし、イギリスの大学院はたった一年間で終わってしまいます。大学院よりも若い年齢の時に長い期間刺激が多い環境で生活する方が、感受性も豊かで、吸収も早く学ぶことも多いと考えています。なので、迷っている方がいたらぜひオススメしたいです。



高校在学中から将来について考え、自身で留学という新たな道を開き、行動に移した村上さん。夢や目標に向かって行動することは、並大抵の努力ではできません。これから始まる新生活が楽しみですね。夢に向かって頑張ってください。

★リーズ大学についてもっと詳しく(日本語サイト)