イギリス留学トップ大学一覧シェフィールド大学シェフィールド大学の体験談 > シェフィールド大学で政治学を学ぶ 第3回 First semester
無題ドキュメント
武田 佳子さん

武田 佳子さん

留学先:シェフィールド大学 The University of Sheffield
留学分類:大学院留学
専攻名:ガバナンスと公共政策 MA Governance and Public Policy
留学期間:2010年7月〜2011年7月
beoカレッジ受講コース:プリセッショナル・コース(学期前集中英語講座)
beoの留学サポートを利用して留学

シェフィールド大学で政治学を学ぶ 第8回 The End of the Second Semester

シェフィールド大学で政治学を学ぶ 第3回 First semester

Categories: シェフィールド大学 / 大学院留学 / 政治学
シェフィールド大学 The University of Sheffieldは、4人のノーベル賞受賞者を始め、国際社会をリードする優れた人材を輩出しているイギリスでも屈指の総合大学です。同大学でガバナンスと公共政策 Governance and Public Policy を学ばれている武田さんの現地レポートをお届けします。

こんにちは。大学院の授業が始まってから1ヶ月半。だんだんと忙しくなってきましたが、同時に、少しずつ生活のリズムも掴めてきました。先日はついに最低気温がマイナス2℃になる日があり(そうかと思えば、翌日の気温は10℃でしたが・・・)、ここシェフィールドでは早くも秋を通り越して冬が始まってしまったようです。今回は、大学院の授業について、寮生活について、その他近況報告等についてお伝えしたいと思います。

大学院の授業について~1週間に4時間なのに、暇がない!?~

授業全般について
私の所属する政治学部は、1学期ごとに2つのモジュールを登録する仕組になっています。私は、今学期「Global Governance」と「Comparative Governance and Public Policy」を履修しています。

政治学部の修士コースの場合、大学に通うのは原則1モジュールにつき各2時間・計4時間のみ。非常に少なく感じられますが、=楽、かと言えば大間違い!!授業は全てディスカッション・セミナー形式で行われるため、毎回、授業に備えるため、平日・週末関係なく膨大な量のリーディングに追われる日々が続いています。

また、学部全体を対象としたセミナー等や外部講師を招聘してのレクチャー等も随時開催されています。

クラスメイトの構成について
2つのモジュールとも12人程度と小規模ですが、内訳は欧米系が10人弱、残りがアジア系。多国籍な面々で構成されています。個人的な印象ですが、政治学部は他の学部と比べ、比較的英国人含む欧米系出身の学生が多いようです。

ディスカッションで他の学生の発言についていくのは本当に大変です。これから渡英される方、リスニング・スピーキング力の強化はもちろんですが、コースに関連する基本知識を少しでも多く身につけておくことをお勧めします。

予断ですが、授業終了後、クラスメイトとバーに飲みに行ったときも、途中から話題は政治政策の話に・・・。スピーキング力が足りないのはもちろん、知識不足もあって白熱した議論に入り込む余地がなく、ただ黙ってみんなの意見に耳を傾けているだけの自分自身に悔しい思いをしました。

アセスメント(評価)・課題について
私の学部は試験がなく、エッセイで評価が全て決まってしまいます。エッセイはモジュールごとに計2本ずつですが、2500語又は3500語という語数が求められます。また、与えられる課題も難問。例えば1つのモジュールでは、Governanceが抱えている課題についてテーマを自ら設定し、それについて議論を展開するように指定されています。多面的な分析が必要、とされているため、エッセイに取り掛かるまでには、授業の準備と並行し、ジャーナルを読み込んだり過去の文献を探したり、と、自分で資料を集めなくてはいけません。

なお、大学では、留学生のための英語コースが無料で開講されています。また、Writing Advisory Serviceといって、実際に書いた英文に基づき、文法面等を中心に無料で個別指導を受ける制度もあります。現在私もこの制度を利用していて、英文の添削をお願いしています。

寮生活について~共同生活は思ったよりも快適♪~

私の寮について
私は、大学の学生寮が集まる"The Ranmoor Village"と呼ばれる場所に住んでいます。ここは、2009年にオープンしたばかりの場所で、全ての施設が新しい!私の契約はEn-Suiteと呼ばれる、シャワー・トイレ付個室・キッチンのみ複数人で共同利用するタイプの寮で、私を含め計8人で一つのフラットをシェアしています。ルームメートの国籍は、韓国、インド(2人)、ナイジェリア、バルバドス、マレーシア、とマルチナショナル。全員が大学院生なのでそれぞれが忙しく、楽しくも落ち着いた生活ができています。

フラットメイト全員での集合写真
フラットメイト全員での集合写真

特に大学院生の場合、授業数が少ないこともあり、ただ単に大学と寮との往復だけでは、本当に孤独な留学生活になってしまいます。そんな時、フラットメイトの存在は非常に有難い!私の場合は全員が留学生ということもあり、みんなで悩みを共有したり、お互い励ましあったり、時には笑い話で盛り上がったり・・・。私にとっては、キッチン=憩いの場になっています。

学生の住居全般について
シェフィールド大学には他にもたくさんの寮があり、中でも一番大きいのは"The Endcliffe Village"と呼ばれるところです。ここでは、3000人以上の学生が生活しています。(The Ranmoorはおよそ1000人。)

また、大学周辺には学生向けに賃貸を行っている家やマンションがたくさんあります。学生寮という形にこだわらなくても、住む場所は見つけやすいと思いますし、余裕があれば色々な不動産業者をあたってみるのも良いかもしれません。実際、周りの友人でも、以外に民間の賃貸契約をしている人は少なくありません。

ただ、万が一何かあった時に大学から全面的にサポートを受けられること、学生寮に住む人のみ対象のイベントなどがあること等、学生生活を満喫させたい方にとっては、学生寮の方が向いているかもしれません。学生寮の集まるVillageの中にはそれぞれ食堂やBarもあり、主に大学生(Undergraduate Students) を中心に、交流の場にもなっています。

その他近況報告

時間を作るのはなかなか大変ですが、時々イベントに顔を出したり、友人とご飯を食べに行ったり・・・。気分転換を兼ねるのはもちろんですが、語学力の向上のためには、やはり実際に英語を使って交流する時間も必要、とある程度割り切っています。

ちなみに、シェフィールド大学には、"Japan Society"というサークルがあり、日本人及び日本に興味のある学生(日本語を履修している大学生が大半)200名以上で構成されています。英国人も含め他国の友人を作りたい・仲良くなりたい!という方、オススメです。私もこのサークルに所属しており、10月末にはサークルメンバーとハローウィンパーティーに参加してきました。

ハローウィンパーティー時の写真。
ハローウィンパーティー時の写真。近くで衣装を調達し、魔女に扮していましたが、並ぶ友人と比べると気合が足りなかったようです 苦笑

番外編:こぼれ話

先日、コンタクトレンズが目の中で割れるという事件が発生!痛みに耐えられずにイギリスの病院にかけこむはめになりました。海外で初の病院・しかも緊急事態・・・不安でたまりませんでしたが、スムーズに診察してもらえ、あっという間に処置も完了。NHSという6ヶ月以上英国に滞在する場合に登録できる国民皆保険制度のおかげで、診察費・薬代含め治療費は何と完全に無料でした!!

緊急事態ではない理由で受診をする場合等、NHS制度利用ではすぐに診察してもらえずに場合によっては数日後の診察、というケースも見受けられるようです。何が起こるか分からない海外生活。プライベートで診察・治療が受けられるよう、念のため日本で海外留学用の保険に入っておくほうが安心です

★シェフィールド大学日本語ホームページ
★留学に関するご相談はこちらから【無料】