MHさんの留学体験談

MHさん

MHさん

留学先:ロイヤル・ホロウェイ(ロンドン大学) Royal Holloway, University of London
留学分類:大学院留学
専攻名:歴史 MA History
留学期間:2010年8月〜2011年9月
beoの留学サポートを利用して留学

ロイヤル・ホロウェイ(ロンドン大学) で歴史学を学ぶ 第6回 All for One

ロイヤル・ホロウェイ(ロンドン大学) で歴史学を学ぶ 第6回 All for One

Categories: ロイヤル・ホロウェイ(ロンドン大学) / 大学院留学 / 歴史
ロイヤル・ホロウェイ(ロンドン大学) Royal Holloway, University of London はイギリスでトップ10に入る研究大学として、社会学・教養学・人文学などで世界的な評判を得ています。同大学で歴史History を学ばれているMHさんの現地レポートをお届けします。

こご無沙汰しております。
2011年3月11日に発生した「東北地方太平洋沖地震」において被災された皆さまには心よりお見舞い申し上げます。

留学先で日本のニュースを見てとても驚きました。まだ余震が続いているようなのであまり安心はできないのですが、カレッジでも日本のための募金活動やイベントを開催致しました。

私は2010年の秋からジャパン・ソサエティーのコミッティーのメンバーとして日本文化の普及と発展、英国をはじめとする海外の方々との交流をしてきました。活動は週に1,2回のミーティングや、学期の初めと終わりにある交流会の開催、フードイベントの実施などです。

ロンドン大学のロイヤル・ホロウェイ支部としての活動ではありますが、誕生日やフェアウェル・パーティーなど学校生活の思い出づくりになっています。

このジャパン・ソサエティーでは、今回の震災のために3月14日から22日までの間、募金活動とフリーマーケット、それにアニメ・ソサエティーなどと合同でチャリティーを行いました。

学内外のみなさまのおかげでロイヤル・ホロウェイ史上高額の募金が集まったと聞いています。このお金は学校を通じて、英国赤十字、さらには日本へと募金されるそうです。 大学のプレジデントやインターナショナルのためのスタッフの方々、学内外の学生に大変お世話になりました。

日本では募金活動やチャリティーというのはあまりなじみがない方も多いかと思いますが、海外、少なくともここイギリスでは慈愛の精神のようなものが根付いている気がしました。みなさんがとにかくとても暖かい言葉をかけてくださるので、逆にこちら側が勇気づけられました。

震災の直後、日本のことを心配しているときに、学校の子にfacebook上で伝えてもらった「all for one」という言葉が身に染みました。

3月末は日本からの交換留学生が帰国する時期でもあります。日本ではまだ余震が続いており、復旧作業もこれから時間がかかりそうですが、私たちは留学先からできる活動に参加して、学業の方も今後さらに真剣に取り組んでいきたいと思います。

学校生活は春学期が無事に終わり、これからイースター休暇です。この間に4,6月提出のエッセイの準備をします。それは別の記事でご紹介させていただきます。

★ロイヤル・ホロウェイ(ロンドン大学) 日本語ホームページ
★留学に関するご相談はこちらから【無料】

ロイヤル・ホロウェイ(ロンドン大学) で歴史学を学ぶ 第5回 留学のA to Z ~アカデミック編~

Categories: ロイヤル・ホロウェイ(ロンドン大学) / 大学院留学 / 歴史
ロイヤル・ホロウェイ(ロンドン大学) Royal Holloway, University of London はイギリスでトップ10に入る研究大学として、社会学・教養学・人文学などで世界的な評判を得ています。同大学で歴史History を学ばれているMHさんの現地レポートをお届けします。

こんにちは。9月の末に本コースが始まりました。今週で第4目に入ります。全体像は把握できていないのですが、アカデミック・コースについてこれまでにわかっている部分をご紹介致します。

「教科書にはのっていない」?留学のA to Z  ~アカデミック編~

このヴィクトリアン様式の建物に"一目ぼれ"してから約1年半後、夢に描いていたこのキャンパスで留学ができ毎日感謝しています。

しかし、本コースの勉強のこととなると本気でかからなければ到底卒業ができないと思っていたほうがいいかもしれないと思うこのごろです。よく「欧米型の大学は競争が激しく、卒業するのが難しい」といったことを耳にしますが、それは本当だと思います。ただし見たところ、欧米の学生を見ていると、平日や授業のあるタームはすごく集中して物事に取り組みますが、週末や長い休みはとことん休む、というスタイルを取っているように思います。なるべく早く自分の勉強スタイルを確立することが必須ですが、いくら日本と同じようにしようとしても、最初は慣れないことでいっぱいです。

まずは、時間割についてですが、専攻によっては必修と選択科目があらかじめ決められているものもあります。大部分はインターネットで検索ができ、年間計画もすぐに決められる場合もあります。あるいはまた、私の専攻する歴史学のようにオリエンテーションの当日前までに選択科目を決め、時間割やスケジュールなどは当日かあるいは授業が始まってから初めて情報が与えられるというコースもあります。日本の大学にあるような授業の"お試し"期間や履修変更などがあまり一般的じゃない印象があります。またロイヤル・ホロウェイにはムードル(moodle)と呼ばれる学生専用サイトがあります。詳しくは入学してからのお楽しみですが、ここでいわゆるシラバスや配布資料を閲覧し、ダウンロードすることができるようになっています。

各コースにより、履修方法は異なりますが、わたしの場合、必修が2コマ(2ユニット・単位)と選択科目が2コマ(2ユニット・単位)です。1つの授業が各2時間ずつあります。専攻によってさらに細かく分かれますが、わたしは1週間に4コマ、合計で8時間、3日間だけの時間割を組みました。

時間割:例

  午前 午後
Tuesday 必修 必修
Wednesday   選択科目①
Thursday 選択科目②  


一見すると、とても履修が簡単なように見えますが、実際は残りの時間をすべて予習と復習に割り当ててもまだ時間が足りないくらいです。なぜかといいますと、クラスごとにリーディングの宿題が大量に出されるからです。

だたし、課題がきちんと与えられ、問題設定があるために、視点を持って資料を読み込むことができるようになっています。その課題を授業ごとにこなし、自分なりの"答え"を出していけば授業にはついていけるようになっています。

ここまではリーディングの作業ですが、クラスによってはグループ・ディスカッションやプレゼンテーションが合わさっているものもあります。選択科目となるととても人数が少なく、指導教官の先生の教室やロイヤル・ホロウェイの別館で行うことがあります。ここでは自分が知っていること、感じたこと、本を読んで学んだことをきちんと発言できるようにしておけばとても効果的に英語の学習ができると思います。

まだ始まって間もないのですが、正直なところ、本コースの勉強は、想像していたよりもずっと大変なものです。 とはいえ、冒頭でも述べました通り、このカレッジに"一目ぼれ"しただけのこともあり、好きな勉強をとことんできる環境がとても気に入っています。日本でも同じことだと思いますが、タイム・マネジメント、つまり自分の時間の使い方をしっかりと持つことが必要だと感じています。規則正しい生活と食事、健康には気をつけて、この秋学期を乗り越えたいと思います。

夜も更けてきたので今回はこのあたりでおいとまします。

薔薇とロイヤル・ホロウェイ

薔薇とロイヤル・ホロウェイ

★ロイヤル・ホロウェイ(ロンドン大学) 日本語ホームページ
★留学に関するご相談はこちらから【無料】

ロイヤル・ホロウェイ(ロンドン大学) で歴史学を学ぶ 第4回 留学のA to Z ~日常生活編~

Categories: ロイヤル・ホロウェイ(ロンドン大学) / 大学院留学 / 歴史
ロイヤル・ホロウェイ(ロンドン大学) Royal Holloway, University of London はイギリスでトップ10に入る研究大学として、社会学・教養学・人文学などで世界的な評判を得ています。同大学で歴史History を学ばれているMHさんの現地レポートをお届けします。

お久しぶりです。10月になりました。アカデミック・コースが始まって予想以上に忙しい毎日を過ごしています。ちょっと遅くなりましたが、今回は留学準備をする上で大変だったことをいくつか挙げて、そのあとで9月から始まった本コース(MA)について簡単にご紹介したいと思います。

「教科書にはのっていない」?留学のA to Z  ~日常生活編~

このブログを見ている方は、これから留学準備をされる方、願書を出される方、留学に関心があってサイトを訪れていると思います。おそらく英語や現地の情報収集、出願書類の準備に追われているかと思います。

留学先の生活はおそらく想像されている以上に忙しくなると思います。またたとえば日本で1日や1週間で済む手続きが1週間、1カ月と倍以上の時間がかかることもあります。こうした時間のロスがストレスになって本コースの準備に間に合わなくなったりします。そのため、ここではいわゆる留学本や語学コースではなかなか知り得ない生活の細かい事項をご紹介したいと思います。

① パソコンの活用
日本でと同様、パソコンは授業や遊び、情報収集のために必ず持って行くべきものです。
レポートを書くためのワードの技術はもちろんのこと、プレゼンテーション作成のためにパワーポイントとできればエクセルについても学ぶ必要があるかと思います。さらに、いわゆるSNSであるfacebookやSkypeといったネットワークについても詳しいといいです。

もちろんこれらの技術は日本での高校や大学においても学ぶものですが、留学先でもたとえばグループで行う作業をする場合に情報の交換やレポートの共有の際に役立ちました。個人用のパソコンは日本語を設定する場合が多いと思いますが、大学のコンピュータセンターのものは基本的には英語になっています。細かいことですがキーボードの操作にも慣れておくと便利です。

② 携帯電話
携帯電話は、パソコンと同様、日本でも1人1台の時代です。携帯電話もクラスメイトとの連絡方法として活用すべきものです。機種や契約内容、場所、会社などは個人のスタイルによりますが、イギリスで携帯電話を購入する場合にはSIMカードと呼ばれる個人用のカード(電話番号が割り当てられている)を使います。留学生として携帯電話を現地で使用する場合には、使うごとにお金を入れるペイ・アズ・ユー・ゴー(pay as you go)と12,18,24カ月と契約を結ぶコントラクト(contract)が代表的な使い方として挙げられるかと思います。パソコンと同様に、現地の携帯電話はすべて英語使用となっています。最初は操作が慣れないかと思いますが、英語の勉強だと思って早いうちからご自分のライフスタイルに合った携帯電話を見つけることをお勧めします。

③ 銀行カード、クレジット・カード
銀行カードは、学校側がオリエンテーション期間の最初の日にお勧めのカード会社を指定してくるか、いくつかの中から選べるようになっています。ロイヤル・ホロウェイの場合は学内にナットウェスト(Natswest)のATMがあり、他はバークレー、HSBCなどが開設できます。この銀行のカードを申請してから1,2週間待つと、ポストに確認の手紙が届きます。その後、学内かあるいはエガムの駅にある銀行の支店へ行き、カードを受け取り、カードが使えるように手続きをし(activate)、ようやくキャッシュ(現金)を引き落とすことができます。この銀行カードは携帯電話の契約(contract)を結ぶ時にも必要になってきます。

もちろん、クレジット・カードとして日本のカードを使うことも可能です。しかし、できれば日本から海外用のカードをあらかじめ作成することをお勧めします。といいますのも、手続きに思わぬ時間を取られキャッシュの引き落としができなくなったり、あるいはピンナンバー(PIN Number)と呼ばれる暗証番号を3回間違えてロックがかり、その修正に時間がかかったりすることがあるからです。

先ほどのパソコン、携帯電話をはじめとするインターネットの接続はもちろん、お金、クレジット・カードのパイプラインは、留学生活をする上でとても大事な土台となってくれます。最初の数週間、1カ月くらいは思わぬことがストレスになったり、日本ではスムースにいくはずのことがうまくいかず勉強や生活そのものに支障になる場合があります。

願書出願後の結果を待つ間や進学先が決まってから、あるいはビザの準備をしている間にできれば時間を取って留学先での細かい生活のことに目を向けられるといいかと思います。

④ ポストについて
寮のポストは各部屋にはなく、ハブ(the Hub)と呼ばれるところに集約されています。名字が書いてある戸棚から自分あての手紙を探します。また、大きな荷物や国際便の手紙は別に保管されており、受け取る場合には、自分宛ての紙をメールボックスの近くにあるお知らせの中から自分宛ての紙を探し、平日11-17時の間に窓口に取りに行くようになっています。またご自身でアマゾンやアルゴス(Argos)といった通販サイトから注文をして本や生活雑貨を取り寄せて受け取ることもできます。

⑤ 洗濯について
洗濯は各自自分で行います。基本的にはランドリーが寮の近くか、あるいは地下に設置されています。大学内のランドリーは洗濯が2ポンド、乾燥が1ポンドで各40~50分かかるようになっています。洗剤と洋服を入れる袋は持参します。平日の昼間が1番空いており、土日は混みますが朝7時頃から夜も22~23時まで開いているのであまり慌てる心配もないです。

ただし、これはイギリスの自動販売機全般に言えることですが、コインが詰まったりお金が入ってもうまく作動しないこともたまにあります。その場合は気分を変えて別の機械に移し直すか、次の日に改めて洗濯するのが吉です。お天気のいいうちは自分の部屋やバスルームに干すことも、部屋の感想を防ぐのにお勧めの対策です。

⑥ 学生証について
学生証は、寮の建物に入るときにはキーカードに、カレッジ・ショップで物を購入するときにはカードの役割を果たします。荷物の受け渡しや図書館でも使用するので必ず身につけておいてください。寮によってキーカードの扱いは異なりますが、部屋によっては学生証とピンコード/ナンバー(4けたの数字)が必要となってきます。ドアは自動ロックなので、鍵を誤って閉めてしまうと夜中でも早朝でもハブへ行って代わりのカードを取りに行くことになります。鍵やパスワードをうまく記憶して快適な生活を送れるように準備をしておくといいかと思います。

生活全般のことが思った以上に長くなってしまったので、アカデミック・コースについてはまた別に書きたいと思います。

とても細かいことばかりですが、留学最初の1カ月を成功させるためにぜひとも日本で少しずつ準備しておいてほしいことを書きました。上記の①~④に関しては、自分の失敗談をもとに書きました。もちろん英語力の向上やビザの取得が最優先ですが、インターネットとお金の確保は留学生活の最低条件となってきますのであえて書かせていただきました。みなさんの留学へのお役に立てると幸いです。

それでは近いうちに勉強、授業についてお話したいと思います。

★ロイヤル・ホロウェイ(ロンドン大学) 日本語ホームページ
★留学に関するご相談はこちらから【無料】

ロイヤル・ホロウェイ(ロンドン大学) で歴史学を学ぶ 第3回 プリセッショナル・コース

Categories: ロイヤル・ホロウェイ(ロンドン大学) / 大学院留学 / 歴史
ロイヤル・ホロウェイ(ロンドン大学) Royal Holloway, University of London はイギリスでトップ10に入る研究大学として、社会学・教養学・人文学などで世界的な評判を得ています。同大学で歴史History を学ばれているMHさんの現地レポートをお届けします。

8月から9月にかけて4週間(1カ月)行われたプリセッショナル・コースについて簡単にお話します。

時間割

科目は以下の6科目です。①~③は日本においてもよく学ぶ分野ですが、④~⑥の技法は英語圏ならではの技術だと思っています。

①リーディング
②ライティング
③リスニング+講義
④エンカウンター・プロジェクト
⑤ディスカッション
⑥プレゼンテーション

→①②は同じ先生で、さまざまな記事や文献の読み方や引用の仕方、書き方について学びます。教材を一人でじっくりと読む、というよりも、最初に意見を出し合い、一つの事柄について全員が把握した上で実践的に読み、あるいは書くというスタイルです。一回ごとに必要なスキルを取得し、最終的にはこのコースの評価となるエッセイに欠かせない要素とつながっていっているという見事な内容です。

③は教室内で映像を見てノート・テイキングの技法などを数回学んだあと、実際に大講堂で週に1回講義を聴きに行きます。

講義は期間内に3回行われ、最初は「学校で成功するための秘訣」と大学の成り立ちといった新入生向けのものでした。次の2回はEU諸国とイギリスとの関係、最後は若者文化とイギリス、など興味深いものでした。ここでは実際の講義さながらにノートをとるなり、ICレコーダーを使って記録するなり、自分なりのスタイルを確立させる場にしました。

④~⑥は①~③とは異なり、学んだことをいかに人に伝えるか、あるいは人と意見を交わし、一つの課題をどう構築していくのか、といったことに重点を置いていると思います。

④のエンカウンター・プロジェクトは、学内にある主要な施設(スポーツ・センター、カウンセリング・センター、図書館、など)があらかじめ5~6人のグループに割り当てられます。そして、第3週目のインタビューに向けて質問内容を決め、情報を集め、さらにパートを分担し、内容を吟味していきます。20分のインタビュー後はその内容をもう一度見直し、最終週にあるプレゼンテーション(⑥)に向けて準備をします。

⑤のディスカッションは、一つのテーマに対して、それぞれが意見を出し合い、最終的な結論を導いていくことが目的となっています。授業ではブランドについての是非を話し合い、コンピュータセンターに移動したときはいわゆる"チャット"形式で意見を交わしました。

試験

試験は、プリセッショナル・コースの最終週、3日間にかけて行われます。試験は主に以下の3つに集約されます。

①エッセイ
②ディスカッション
③プレゼンテーション

まず、エッセイは、グループによって異なりますが、私のクラスはインターネットとコミュニケーションについての課題が出されました。

課題は第1週目に出され、リーディング・リスト(関連する本や資料一覧)が渡されます。第2週目にはコンサルテーション(この期間の間だけのチューターとの面談)で大筋を口頭で発表します。そして、第3週目にドラフト(原稿)を提出し、その週末にコメントと評価が出されます。その後、最終週に完成原稿を提出し、約10日後に最終結果がでるようになっています。

ディスカッションは、エッセイの次の日に試験がありました。主に5人のグループで、あらかじめ配布された資料・記事を読み、議論をします。本番では試験管である先生が一人目の前に座り私たちの議論を観察し、その横ではカメラがまわっています。ディスカッションの内容ばかりではなく、アイコンタクトやジェスチャーも同時に評価の対象となっているようです。今回のテーマはcheap food に対する是非でした。

最後のプレゼンテーションは、エンカウンター・プロジェクトで行ったインタビューをもとに、グループごとに1人ずつ発表する試験です。パワー・ポイントを作成し、各々役割を決め、内容を練っていきます。本番ではクラス全員の前で5分間スピーチをし、試験官は一人、その横ではディスカッションと同様にカメラが回っています。ここではなるべく原稿は暗記し、ジェスチャーや声の抑揚に気をつけることが肝心のようです。

おわりに

ここまでこの1カ月で経験した学校生活とプリセッショナル・コースのことを書きました。簡単な概要を書くつもりがとても長くなってしまいました。ここでは書ききれないことがたくさんあり、伝えきれない部分もあるのですが、それはまたの機会に書きます。

~アカデミック・コースに向けて!~

この10日間の休みは、この1カ月で学んだことを生かすため、次の本コースに向けて読書をしています。次回は本コースでの授業内容やクラブ活動についてもご紹介したいと思います。

★ロイヤル・ホロウェイ(ロンドン大学) 日本語ホームページ
★留学に関するご相談はこちらから【無料】

ロイヤル・ホロウェイ(ロンドン大学) で歴史学を学ぶ 第2回 留学生活スタート!

Categories: ロイヤル・ホロウェイ(ロンドン大学) / 大学院留学 / 歴史
ロイヤル・ホロウェイ(ロンドン大学) Royal Holloway, University of London はイギリスでトップ10に入る研究大学として、社会学・教養学・人文学などで世界的な評判を得ています。同大学で歴史History を学ばれているMHさんの現地レポートをお届けします。

イギリスへ来て1カ月以上がたちました。8月から始まった1か月のプリセッショナル・コースを無事に終えました。本コースが始まるまで10日間の休みがあります。日本から来た友人らに会うために1週間、ロンドンに滞在しています。今回は、主に学校生活全般とこの1カ月で学んだことをご紹介致します。

寮生活

ロイヤル・ホロウェイの留学生は、寮に入る場合が多いと思います。大学内の寮以外では大学周辺かエガム駅近く、あるいは人によってはロンドン市内から通っている場合もあります。入学の時期によって入れる寮が決まっている場合がありますが、9月入学の場合は選択肢がわりと広いかと思います。

私は学内にある寮の一つに暮らしています。さまざまなバックグラウンドを持つ人たちと交流したかったため、学年(学部生、大学院生)や性別、専攻などすべてがミックスされた寮を希望しました。そしてその希望通り、実にさまざまな人との交流ができ、毎日にぎやかな寮生活を送っています。

自炊、食事
 
食事は主に自炊です。キッチンが広いため、10人近くが集まって各国の料理を作ることが多いです。みんなそれぞれの国の調味料や食材を買ってきてお互いに料理をふるまうことがあります。

私は日本のカレーライスをふるまおうと思ったのですが、香港の女の子に手伝ってもらったために、ほぼドライカレーのような出来上がりになったことがありました。(香港では水は少ない方が好ましいようです。)でも、その日の食卓の中では1番人気で大量に作ったカレーがきれいになくなっていて、喜んでくれたようなのでうれしかったです。

自国の料理は、言語と同じように他の国の人とのコミュニケーションの一つになっていると思いました。

買い物、遊び
 
買い物についてですが、キャンパス内に一つお店があります。そこで生活に必要な最低限のものはそろいます。そのほか、日常品などは最寄りのエガム駅まで徒歩約15~20分ほどかけて買いに行くことが多いです。またロイヤル・ホロウェイの学生はタクシーを数人でシェアすることが多いので、エガム駅の隣にあるステーンズ駅まで行くこともあります。ロンドンまでは電車で40分といったところでしょうか。友達と一緒に話していたらあっという間につく距離です。

遊びは人にもよりますが、学内のバーや駅周辺、ウィンザーにまで足を伸ばすこともあります。日帰りでロンドンに行くこともできるので週末は電車でお買い物に行く友人もいます。

私の所見では、寮そのものが遊び場と化す(キッチンで話し込んだり、音楽をかけたり、etc.)日があるのでわざわざ学外へでかけなくても、十分に楽しめる環境であると思います。

また、バンクホリデーにはブライトンに行ってきました。エッセイの締切1日前ともあり参加者は前年の100名に対し、今年は20名ほどだったようですが、クラスメイトはほぼ参加していたのでとても楽しかったです。

★ロイヤル・ホロウェイ(ロンドン大学) 日本語ホームページ
★留学に関するご相談はこちらから【無料】

ロイヤル・ホロウェイ(ロンドン大学) で歴史学を学ぶ 第1回 渡航前インタビュー

Categories: beoの評判は? 留学サポート利用の感想 / ロイヤル・ホロウェイ(ロンドン大学) / 大学院留学 / 歴史
ロイヤル・ホロウェイ(ロンドン大学) Royal Holloway, University of London はイギリスでトップ10に入る研究大学として、社会学・教養学・人文学などで世界的な評判を得ています。同大学で歴史History を学ばれるMHさんに、留学準備の様子について詳しくお聞きしました。


留学を決めたきっかけを教えてください

語学力取得、キャリアアップのため

beoを利用したことで、よかったと思うこと/可能になったと思うことがあれば教えてください

よかったと思うこと
①留学の流れが明確になった
②同じ目標を持つ仲間ができた
③語学だけではなく、ビザや航空券、保険のこともサポートしてくれた

可能になったこと
①パーソナル・ステートメント(志望動機書)などの書類に時間をかけて取り組むことができた
②現地でも交流できる留学先仲間が事前につくれたこと
③スタッフの方が間に立ち、学校側とも密な連携が取 れたこと

留学準備で大変だったことがあれば教えてください

留学準備の時期・段階によって異なりましたが、

●語学力(IELTS)のブラッシュ・アップ(特にライティング)
●自分に合ったコース・内容・大学の情報収集と選択方法
●出願書類作成全般
●願書を提出してから合格通知書が来るまでに待つ時間
●ビザ取得のためのシステムの把握と必要な資金・書類の準備など

・・・要するに全部です☆(笑)

最終的にロイヤル・ホロウェイ(ロンドン大学)の歴史学に決めた理由を教えてください

ロイヤル・ホロウェイ(ロンドン大学)に決めたのは下記の理由が大きいです。

①学びたいこと(Victorian Study, History, Fashion/Clothing, UK culture)が学べること
②環境が静かで勉強に集中できること
③ロンドン中心地からも近いこと
④世界的な知名度も高いこと

留学後の将来について、夢や目標などがあれば教えてください

留学先で学んだことを生かして 大好きなファッション/服飾と海外(ロンドン、ニューヨーク、ミラノ等)に関われる仕事に就きます!


次回からは現地レポートがスタート!
MHさんに留学生活の様子について詳しく伝えていただきます!お楽しみに!

カウンセラー 小河原カウンセラー 小河原より

MHさんはご希望の留学像をはっきりと持ち、早い段階から着実に出願準備や英語準備を進められている姿が印象的でした。 がんばり屋さんのMH様ならきっと今回の留学を通して夢の実現に大きく近付かれるのだと現地でのご活躍が楽しみです。

★ロイヤル・ホロウェイ(ロンドン大学) 日本語ホームページ
★留学に関するご相談はこちらから【無料】