イギリス留学トップ大学一覧ケンブリッジ・エデュケーション・グループケンブリッジ・エデュケーション・グループの体験談 > イギリス大学進学を目指してA Level へ進学!
佐藤 和音さん

佐藤 和音さん

留学先:キャッツ・カレッジ CATS College
留学分類:高校留学(Aレベル)
留学時期:2016年9月~

イギリス大学進学を目指してA Level へ進学!

イギリス大学進学を目指してA Level へ進学!

Categories: Aレベル / ケンブリッジ・エデュケーション・グループ
2016年9月からケンブリッジ・エデュケーション・グループの CATS College に進学された佐藤さん。 CATS College では Aレベルを受講中で、イギリスの大学進学に向けて日々勉学に励んでいらっしゃいます。留学までの道のり、留学中の様子をお伺いしました。


日本の大学への進学ではなく、海外の大学に進学しようと思ったきっかけは何ですか?

中2夏の海外研修でイギリスに行き、イギリス英語やイギリスの文化に惹かれたことがきっかけです。

いつ頃から、どのように留学準備に取り掛かりましたか?

中3の時にスペル・語彙・発音等全て自力でアメリカ英語からイギリス英語に切り替え、高1の夏休みに縁あって今の学校を見学することができました。高1秋から留学準備のため、海外にいても高校卒業資格の取れる都内の通信制高校に転校。念のため高認試験も取得し、レポート提出・スクーリングの傍ら、ほぼ1年かけてIELTS対策・ビザ申請なども済ませました。

留学先の学校を選んだ理由は何ですか?

一番の決め手は、学校から授業料の40%相当の奨学金をいただいたことです。また、beo 主催の留学フェアで実際にお会いしたCATSのリクルーターの方が大変親切で感じの良い方だったこと、父の知人のご子息が卒業生だったこと、見学したときに雰囲気が良かったこと、全室シャワー・トイレ付の個室でプライバシーが守られるということも大きな決め手でした。

クラスの人数、国籍、雰囲気、教師について、おすすめしたいところについて教えてください。
img_2_k_sato.jpg
教科によって異なりますが、1クラスあたり5~10人くらいです。60か国以上の生徒が来ており、国籍も非常に多彩です。まじめなグループや体育会系、青春してる人までいろいろいるので、必ずどこかに所属できると思います。


授業で感じた、日本との違いは何ですか?

少人数授業なので先生方との距離が近いです。文系科目の場合はエッセイが多く、穴埋め問題や暗記系はほぼゼロに近いですが、その分、自分の意見を積極的に言う力が身につくと思います。
    
 これまでの留学で大変だった出来事は何ですか?

食事と体調管理が大変でした。身の回りのことは基本的に自分でするので、元気な時はいいのですが、重い風邪をひいてしまうと洗濯物がたまったり、部屋が散らかったりしました。また、イギリスの食べ物のクオリティはあまり期待できなかったので、持参したカップ麺やフリーズドライが大活躍しました。

 平日は1日、どのくらい勉強していますか?

日によって異なりますが授業時間は大体午前9時から午後4時/5時まで。授業の復習や自習に3時間くらい使っています。

 休日はどのように過ごされていますか?

洗濯をしたり、街に買い物に出かけたりします。もちろん勉強もします。

 日本の家族と離れて、イギリスで生活を始めた当初のお気持ちを教えてください。

Skypeで家族とはコミュニケーションが取れるので、特にホームシックになることはありませんでした。いろいろな国の生徒がいるので、多種多様な言語に触れたり、知らないことを教わることができたので楽しかったです。

 大学進学に向けての目標、さらに卒業後の進路や将来の目標について教えてください。

大学の求めるグレードをしっかり取得し、課外活動にも力を入れていくことが目下の目標です。卒業後は日英両国の相互理解を深めるためのお手伝いができるような仕事に就きたいと思っています。

 今後、留学を目指す方へのメッセージをお願いします。

日本にいるうちにできることも沢山あるので、準備をしっかりされていくことをお勧めします。一番は英語力を磨くこと、生活力を身につけることだと思います。周りを見るとみんな何とかやっているので、留学したい!という気持ちを大切に、チャレンジしてみるのも良いのではないでしょうか。

【和音さんのご家族から】
どのようなお気持ちで和音さんの留学準備をサポートされましたか?
   
本人の意思を優先しようと思いました。留学先で1人で頑張っていくためには、自分の疑問点や希望をきちんと伝えていく力が日本よりも必要になるので、なるべく準備を自分でやらせるよう心がけました。

単身で送り出すことに不安はありましたか?
   
実際に学校を見学していたので、大きな不安はありませんでした。むしろ、送り出してから「日本にいるうちにこれを練習させてあげればよかったな」と思うことがありました。

進学先の学校に決めた理由を教えてください。

知人のご子息が卒業した学校であったこと、校舎が新しく設備が整っていること、スタッフが多くよく目が行き届くことが主な理由でした。

留学先でどのような力をつけてほしいですか?

グローバルなコミュニケーション力や、仲間と協力し自立して生活する力です。

これから留学をご検討されているお子さんをお持ちの方にメッセージ等あれば、教えてください。

日本では高校からのイギリス留学はまだまだ少数派だとは思いますが、中国や韓国、マレーシア、ベトナムなどのアジアの国々からは中学から留学する学生さんも沢山いて、圧倒されました。イギリスの大学生活をスムーズなものにするためにも、高校留学が果たす役割は大きいと感じました。留学先はロンドンほど都会でもなく、大学街なので治安もいいです。またイギリスでは17歳までは子供とみなされ、色々な意味で保護されているので、そういった意味でも安心できました。

★CATS Collegeについて詳しく(英語)