留学プログラム紹介

イギリス認定留学の特徴・魅力

単位認定留学

認定留学とは

ポイント 海外で取得した単位が認められるから、大学を4年で卒業できる!

認定留学とは、日本の大学に在籍しながら海外の大学に1年間留学し、海外で取得した単位を在籍する日本の大学に移行する制度です。「交換留学」に対して「私費留学」ともいわれます。

在籍している大学に承認を得て留学するため、留学期間も在籍していたことになり、卒業を遅らせることなく留学することができます。

卒業年度を遅らせることなく留学できる制度としては、在籍する大学の協定校への交換・派遣留学がありますが、こちらは限られた定員に入るために審査を受ける必要があり、留学のプランを立てづらいというデメリットがあります。

認定留学をするためには、事前に日本の大学に必要書類を提出して許可をもらう必要がありますので、どんな書類が必要か、いつまでに提出しなければならないかなどを早めに確認し、計画的な留学準備を進めましょう。

 

認定留学のメリット

  • 海外で取得した単位が日本の大学で認められる
  • 大学を休学せずに、4年間で卒業できる
  • 在籍している大学の協定校の枠に縛られず、自分の目的や希望にあった学校を選べる

多様なコース選択パターン

英語力が不安、渡航時期を自由に決めたい、など個人の希望や状況によって、留学パターンをカスタマイズすることができます。

認定留学の注意点

<英語力>

現地のネイティブ学生に交じって授業に参加することになりますので、大学で授業を聞き、課題を提出したり、クラスで発表を行なうために支障がない程度の英語力が必要です。英語力が不足している場合には、大学付属の語学学校で英語力をつけてから学部聴講をするのも良いでしょう。ただし、日本の大学によっては、学部聴講のみの場合でしか認定留学と認めないところもあるため、事前に在籍する大学への確認が必要です。

日本でできる英語対策

<単位の認定>

在籍する大学によって、認定できる単位数の上限や、科目の範囲が異なります。在籍する大学の制度を留学前に確認しておきましょう。

<学費>

留学先の大学に授業料を支払います。大学によって授業料は異なりますが、約£4,500~(学部1ターム)です。 同時に日本の大学にも学費を支払う必要があるかどうかは、大学によって異なります。事前に在籍する大学に確認しましょう。大学によっては、認定留学期間中は学費が免除になる大学もあるようですが、半額または全額の支払いが必要な学校が多いようです。

カウンセラーから認定留学を目指す方へ

カウンセリングでは、交換留学・認定留学・休学留学のそれぞれの特徴をより詳しくご説明しながら、現在の英語力、留学先となるエリアなど含む詳しい留学のご希望をお伺いして、どの留学タイプがよいかを一緒に考えます。また、海外の大学の授業の様子・生活についてもご説明します。

イギリス留学に興味のある方は、お気軽にご相談ください。
学部・学科で選ぶ 目的別イギリス留学サイト留学体験談ブログ イギリス留学体験者によるレポートを掲載しています。留学Q&A イギリス留学に関するよくある質問
イギリス大学院留学&MBA留学セミナー
はじめての留学
  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • 願書一括請求

イギリス留学のご相談はbeoへ

「イギリス留学にかかる費用はいくらぐらい?」「どんな大学があるの?」人によって疑問は様々。beoの無料留学相談で、経験豊富な留学カウンセラーにぜひご相談ください。小学生・中学生の留学から、高校留学、大学留学、大学院留学、語学留学もご相談いただけます。

アメリカ、カナダ、オーストラリアなどの留学情報は、留学コンシェルジュ beo(ビーイーオー)
ページ先頭へ