留学プログラム紹介

開発学

イギリスの開発学

ポイント 開発学はイギリスの歴史と密接に関連し発展してきた学問

開発学は、イギリスの歴史と密接に関連し発展してきた学問です。国際開発学の本場ともよく称され、大学では、バラエティに富んだ質の高い開発学のコースが提供されています。

内容に注目すると、主に開発学全般を広く学ぶコースと、特定の分野に焦点を当てて学ぶコースに分かれます。教育や環境といった、他の分野にもまたがって、非常に多彩な構成となっているものが多いのが特徴です。

ポイント 方法論と理論を学ぶコースに分かれる

更にアプローチの方法に注目すると、開発に関するプロジェクトの方法論を学ぶコースと、学問的な理論を学ぶコース、といった分け方をすることもできます。 イギリスの大学院のコースは基本的に1年間ですので、今までに開発分野での実務経験のある方が開発理論や方法論を再確認するのに適しているといわれま す。とはいえ、就業経験のない方が将来のキャリアにつなげていく可能性を持ったコースも用意されています。

ポイント アフリカや南アジア地域の開発問題に焦点をあてたプログラムが充実

また、歴史的な経緯から、アフリカや南アジア地域の開発問題に焦点をあてたプログラムで充実しています。文献や資料も手に入りやすいので、それらの地域を学びたい学生にはイギリス留学は特に魅力的であると言えるでしょう。

トップ8大学来日!パネルディスカッション(平和学・国際関係・開発学)

平和学・国際関係・開発学の有名・人気トップ8校を集め、beoでパネルディスカッションを開催。このようなイベントを実現できるのは日本でbeoだけとあって、各方面から大きな注目を集めました。

>パネルディスカッション 当日のレビュー 

パネルディスカッションの全編は、beoの留学サポート(無料)にお申込み頂いた方だけが閲覧できるメンバーサイトで公開中。まだサポートにお申込み頂いていない方は、まずはカウンセリングへお越し下さい!!

カウンセリング予約

開発学留学 学校選びのポイント

既に実務経験のある人が、理論や方法論を深めていくケースが多いイギリスの開発学のコース。関連の分野における学士号を取得していることが求められることが増えています。学部時代に全く異なった分野(人文学系や理系)等を勉強した学生は、入学条件に注意を要するでしょう。

また、英語能力に関して、他コースに比べて基準の高い大学も少なくありません。満たしていない場合には、早めに準備する必要があります。
中には、未経験者が将来のキャリアをつなげていくケースもあるが、開発学全般を学ぶコースから、経済・都市計画・教育などの専門分野に特化したコースま で、幅広くあるので、どちらを目指すかによって、コースの選択肢が大きく変わってきます。例えば、プロジェクトのマネージメント・スキルを身につけたい学 生には、プロジェクト・マネージメントなどのコースや科目を選ぶと良いでしょう。

政府機関/非政府機関など、将来つきたい職業があればどのような人材が求められているのかを調べた上で、大学院のコースを選ぶという道もあります。

開発学 学べるコースの一例

  • Africa: Human and Sustainable Development / アフリカ:持続可能な開発
  • Anthropology of Development and Social Transformation / 開発人類学・社会適応
  • Climate Change and Development / 気候変動と開発学
  • Conflict, Security and Development / 紛争・安全保障・開発学
  • Development Economics / 開発経済学
  • Development Studies and Disability / 開発障害学
  • Development Studies and Education / 開発教育学
  • Development Studies / 開発学
  • Environment Development & Policy / 環境・開発・公共政策
  • European Union and Development Studes / EUと開発学
  • Gender and Development / ジェンダーと開発
  • Globalisation and Development / グローバリゼーション・開発
  • Governance and Development / ガバナンス・開発
  • International Education and Development / 国際教育・開発学
  • International Resources and Development / 国際資源と開発学
  • Poverty and Development / 貧困・開発
  • Science, Society and Development / 科学・社会・開発
  • Social Development / 社会開発学

開発学を学べる学校

ブラッドフォード大学
ブリストル大学
リーズ大学
マンチェスター大学
クイーン・メアリー(ロンドン大学)
※上記は一部をご紹介しています。


社会科学部で学べる主な学科

カウンセラーから開発学分野への留学を目指す方へ

同じコース名でも、その内容は大学によってさまざま。知名度やランキングだけではなく、学びたいことや、ご自身の将来やキャリアのための選択が留学を成功させるカギです。

また、職歴、英語スコアなど、入学条件の基準は各大学によって大きく異なりますので、慎重な情報収集が必要です。

教育機関と密な関係にあるbeoは、情報量が違います。豊富な知識を持つカウンセラーにご相談下さい!電話、Eメールでのカウンセリングも行っています。お気軽にお問合せ下さい。

イギリス留学に興味のある方は、お気軽にご相談ください。
留学スタイルで選ぶ スタイル別イギリス留学サイト留学体験談ブログ イギリス留学体験者によるレポートを掲載しています。留学Q&A イギリス留学に関するよくある質問
イギリス大学院留学&MBA留学説明会
はじめての留学
  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • 願書一括請求

イギリス留学のご相談はbeoへ

「イギリス留学にかかる費用はいくらぐらい?」「どんな大学があるの?」人によって疑問は様々。beoの無料留学相談で、経験豊富な留学カウンセラーにぜひご相談ください。小学生・中学生の留学から、高校留学、大学留学、大学院留学、語学留学もご相談いただけます。

アメリカ、カナダ、オーストラリアなどの留学情報は、留学コンシェルジュ beo(ビーイーオー)
ページ先頭へ