留学プログラム紹介

社会科学部

国際関係学、開発学、平和学、公共政策など、イギリスの社会科学部は世界をリードする研究を行っています。

イギリスの社会科学部

ポイント 世界をリードするイギリス

イギリス各大学の社会科学部では、社会的、文化的、そして経済的問題の解決に向けて、世界最先端の研究と調査を行っています。各大学とも、各国政府機関や国際連合、NGO団体など、様々な組織で重要な役割を果たしてきた経験豊富な講師陣が教鞭を執っており、世界最高レベルの教育を提供しています。

ポイント 革新的なカリキュラム

国際関係学、開発学、平和学、公共政策、ホスピタリティなど、社会科学部の領域は多岐に渡ります。その中でも留学生に特に人気なのが、開発学、平和学、国際関係学で、イギリスは同分野の研究において世界を牽引しており、革新的なカリキュラムを提供しています。例えばブラッドフォード大学の国際開発センター(BCID)は、平和学・開発学における世界最大規模の研究センターであり、世界中から学生。研究者が集まり、学際的な研究を行っています。

ポイント 最先端の学習環境

国際関係学、開発学、平和学などの教育・研究において、イギリスは世界の中心であり、同分野を学びたいという多くの留学生が毎年世界中から集まります。各大学ともキャンパス、研究施設、学生寮などに多額の設備投資を行っており、学生は最先端の環境で勉強に専念することができます。

社会科学部 学校選びのポイント

学びたい内容(カリキュラム)や研究水準(REF)を元に学校・コースを選択するケースが一般的です。コースによっては特定分野の学士号または職務経験を入学条件として要求してくる場合もあります。学部時代に全く異なった分野(人文学系や理系)等を勉強した学生は、入学条件に注意する必要があります。また、英語能力に関して、他コースに比べて基準の高い大学も少なくありません。満たしていない場合には、早めに準備する必要があります。将来就きたい職業があれば、どのような人材が求められているのかを調べた上で、大学院のコースを選ぶことも大切です。

社会科学部領域の留学を目指す方は、ぜひ一度お問い合わせください。beoの留学カウンセラーがアドバイスいたします。

社会科学を学べる学校

ブラッドフォード大学
ケント大学
ランカスター大学
ブリストル大学
ダラム大学
エジンバラ大学
エセックス大学
ケント大学
キングストン大学
リーズ大学
マンチェスター大学
ミドルセックス大学
マンチェスター・メトロポリタン大学
ニューカッスル大学
ノッティンガム・トレント大学
オックスフォード・ブルックス大学
コベントリー大学
クイーン・メアリー(ロンドン大学)
シェフィールド大学
ヨーク大学

※上記は一部をご紹介しています。

社会科学部で学べる主な学科

カウンセラーから社会科学分野への留学を目指す方へ

同じコース名でも、その内容は大学によってさまざま。知名度やランキングだけではなく、学びたいことや、ご自身の将来やキャリアのための選択が留学を成功させるカギです。

また、職歴、英語スコアなど、入学条件の基準は各大学によって大きく異なりますので、慎重な情報収集が必要です。
教育機関と密な関係にあるbeoは、情報量が違います。豊富な知識を持つカウンセラーにご相談下さい!電話、Eメールでのカウンセリングも行っています。お気軽にお問合せ下さい。

イギリス留学に興味のある方は、お気軽にご相談ください。
留学スタイルで選ぶ スタイル別イギリス留学サイト留学体験談ブログ イギリス留学体験者によるレポートを掲載しています。留学Q&A イギリス留学に関するよくある質問
留学エキスポ!
はじめての留学
  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • 願書一括請求

イギリス留学のご相談はbeoへ

「イギリス留学にかかる費用はいくらぐらい?」「どんな大学があるの?」人によって疑問は様々。beoの無料留学相談で、経験豊富な留学カウンセラーにぜひご相談ください。小学生・中学生の留学から、高校留学、大学留学、大学院留学、語学留学もご相談いただけます。

アメリカ、カナダ、オーストラリアなどの留学情報は、留学コンシェルジュ beo(ビーイーオー)
ページ先頭へ