留学プログラム紹介

看護留学

イギリスの看護学(Nursing)

ポイント 現地での就業資格取得を目指せるプログラムも

以前から、語学力を向上させたい、ボランティアに参加したいといった希望で渡英する看護師さんは多くいらっしゃいましたが、近年は、すでにお持ちの日本の看護師資格や経験を活かして、現地での就業資格やイギリス大学の学位取得を目指す“看護留学”の人気が高まっています。イギリスでは、看護師の養成はすべて看護・助産審議会(NMC:Nursing and Midwifery Council)という団体が管理しています。NMCへの登録を終えた方のみが、イギリス国内で看護業務に従事することができます。

ポイント 看護学の発展において常に重要な役割を担っているイギリス

イギリスは、ナイチンゲールが近代看護やその教育の礎を築いたことでも知られ、看護学の発展において常に重要な役割を担ってきました。この国で看護の真髄を学び、世界各国から集うクラスメイトと高い専門性を身に付ける醍醐味を味わって下さい。

看護学学士課程(BSc Nursing)について

学士課程(BSc)のコースは通常3年間。1年次は Common Foundation Programme と呼ばれ、一般教養および看護学における重要分野を全般的に学び、しっかりと基礎固めをします。例えば、生物科学、社会学、心理学を学ぶと同時に、ケアプラン、コミュニケーション、法と倫理といった看護に関連するトピックを考察します。2、3年次は、Adult(成人看護)、Child(小児看護)、Mental Health(精神看護)などの専門に分かれて、領域を深く掘り下げて学習するのが一般的です。

全年次とも、理論と実践の両要素が組み込まれた構成です。 授業は経験豊富な看護師である教員や各分野の専門家が担当し、有能なプロフェッショナルの育成に尽力していますので、学生は自信を高めることができます。

看護・助産審議会(NMC:Nursing and Midwifery Council)について

看護師資格を管理するNMCへの登録は大きく分けてNurse(看護師)、Midwives(助産師)、Specialist community public health nurse(SCPHN)の3つの分野で構成されています。Nurse(看護師)はさらに Adult nursing(成人看護)、Mental health nursing(精神看護)、Learning disabilities nursing(学習障害看護)、Children's nursing(小児看護)に細分化されています。

日本人がNMCに登録する場合

イギリスで看護師もしくは助産師として働くにはNMCに登録する必要があります。英語力や適正基準など応募条件は以下の通りです。

  • IELTS7.0以上(全セクション)
  • 希望する分野と関係するセクションでの12か月以上の就業経験
  • 日本の看護師免許を取得している
  • 日本の学部課程(看護学)を修了している
NMCへの登録ルート

NMCに登録するには、以下2つの試験に合格する必要があります(2016年5月時点での情報です。登録方法や条件は頻繁に変更されているので、必ず最新の情報をNMCのウェブサイト等にて確認してください)。

  • Test of competence Part1(第一試験)
    医療現場で働くために必要となる実践的なスキルと知識を有しているか確かめるためのコンピューター試験。世界各地の試験会場で受験することが可能です。試験に落ちた場合1回だけ再受験が可能ですが、3度目以降は6か月間待たなければなりません。試験はPearson VUEという組織が管理・運営しており、受験者自ら予約手続きをする必要があります。
  • Test of competence Part2(第二試験)
    第一試験に合格し、NMCから受験資格を得た方は、第二試験に進むことができます。objective-structured clinical examination(OSCE)と呼ばれるこの試験は、看護師・助産師が実際に業務するにあたって、現場で遭遇する数々のシナリオをシュミレーションし、臨床的(医学的)知識・スキルを持ち合わせているかを図ります。試験はノーサンプトン大学(The University of Northampton)が運営・管理をしており、イギリス国内のみで受験が可能です。再試験は一度だけ可能です。

看護留学 学校選びのポイント

現地で看護師として働きたいのか、看護師としてより高い学位を取得し、留学後は日本で看護師としてキャリアを積みたいのか、目指すキャリアによって進学先は大きく変わります。看護師としてイギリスで就職したい場合は、NMC(The Nursing and Midwifery Council)への登録が必要です。現地の医療事情を知り、看護師として自身の知識を深める目的であれば、学士課程への留学もあります。また、近年は公衆衛生学(Public Health)への関心も高まっており、同分野への修士課程へ進学する方も増えています。自身の目指すキャリアに沿った学校・コース選びが大切です。

看護学の専攻を目指す方は、ぜひ一度お問い合わせください。beoの留学カウンセラーがアドバイスいたします。


看護学 学べるコースの一例

  • Nursing / 看護
  • Children's Nursing / 児童看護
  • Mental Health Nursing / メンタル・ヘルス看護
  • Midwifery / 助産術
  • Therapeutic Interventions / 緊急治療

看護学を学べる学校

ノーサンプトン大学
サリー大学
サンダーランド大学
※上記は一部をご紹介しています。

理学部・工学部・理工学部で学べる主な学科

カウンセラーから看護留学を目指す方へ

看護師としてイギリスで働きたいのか、日本でキャリアアップするための留学なのかによって、大学・コースを選びましょう。知名度やランキングだけではなく、学びたいことや、ご自身の将来やキャリアのための選択が留学を成功させるカギです。留学生は受け入れていないところも多いので注意が必要です。

教育機関と密な関係にあるbeoは、情報量が違います。豊富な知識を持つカウンセラーにご相談下さい!電話、Eメールでのカウンセリングも行っています。お気軽にお問合せ下さい。

イギリス留学に興味のある方は、お気軽にご相談ください。
留学スタイルで選ぶ スタイル別イギリス留学サイト留学体験談ブログ イギリス留学体験者によるレポートを掲載しています。留学Q&A イギリス留学に関するよくある質問
イギリス大学院留学&MBA留学説明会
はじめての留学
  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • 願書一括請求

イギリス留学のご相談はbeoへ

「イギリス留学にかかる費用はいくらぐらい?」「どんな大学があるの?」人によって疑問は様々。beoの無料留学相談で、経験豊富な留学カウンセラーにぜひご相談ください。小学生・中学生の留学から、高校留学、大学留学、大学院留学、語学留学もご相談いただけます。

アメリカ、カナダ、オーストラリアなどの留学情報は、留学コンシェルジュ beo(ビーイーオー)
ページ先頭へ