留学プログラム紹介

医学留学

イギリスの医学

ポイント イギリスで医師として働くために

イギリスで医師として働くためには、イギリスの行政機関 General Medical Council (GMC) に認可された大学のメディカルスクールに入り、通常5〜6年間の学位コース(MBChB)を修了する必要があります。総合診療医(GP)として働くには、メディカルスクールを卒業後さらに最低5年間、内科医・外科医(Hospital consultant)として従事するには7〜9年の研修期間を終えるのが一般的となっています。

ポイント Intercalatingコースとは

5〜6年間のコースに加えて、別の学位(Degree)を取得するための1年間のコースを履修する学生も多く、このコースは Intercalatingコースと呼ばれています。履修するのは、病理学(Pathology)や生物医学(Biomedical science)などが医療に関連する科学領域の学位が一般的です。

医師になるまでのルート

学位コース(MBChB)修了後は2年間の Foundation Programme を通して、研修医として実践的な経験を積みます。2年間のプログラムを終えた研修医は、専門医/総合診療医研修プログラム(Specialist/GP training programme )に参加することができます。総合診療医研修は一般的に3年間、専門医研修は5〜7年間のプログラムとなっています。専門医研修プログラムを修了した医師たちは Certificate of Completion of Training (CCT)を取得することができる。

Foundation Programme 概要

Foundation Programme とは、学位コース(MBChB)修了後に行う研修医としての2年間のプログラムで、F1、F2のふたつのパートに分かれています。F1期間では、学生はGMCに暫定的に登録された「仮登録研修医(Pre-registration House Officers)」として経験を積みます。4か月毎、3つのパートに分かれており、それぞれの専門領域ならびに手術について学んでいきます。F2期間ではGMCの登録医師として(Senior House Officer)自身の専門領域を徹底的に学んでいきます。

Foundation Programme を開講しているスクールはイギリス国内に25校しかなく、それぞれ定員が決まっているので、出願者が多い場合は the EPM (Educational Performance Measure) 、the SJT (Situational Judgement Test)のふたつからなる成績で合否が決められます。

医学留学 学校選びのポイント

イギリスで医師として働くには、最低でも7〜9年という長い期間と資金が必要となり、最もハードルの高い留学分野と言えるでしょう。総合診療医として働きたいのか、専門医・外科医としてキャリアを築きたいのかによっても、とるべき進路は異なります。自身の将来のビジョンに合ったプログラムを提供しているかどうか見極めることがとても大切です。また、学校によっては The UK Clinical Aptitude Test (UKCAT) のスコアを合格基準として採用したり、科学や生物などのバックグラウンドを入学条件に設定している場合もあり、応募条件を満たせない場合は、進学準備コースを含んだコースに出願しなければなりません。

医学の分野で留学を目指す方は、ぜひ一度お問い合わせください。beoの留学カウンセラーがアドバイスいたします。

医学 学べるコースの一例

  • Medicine / 医学
  • Medicine and Surgery / 医学&外科医学

医学を学べる学校

オックスフォード大学
エジンバラ大学
UCL ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学)
スウォンジー大学
クイーン・メアリー(ロンドン大学)
ニューカッスル大学
グラスゴー大学
ブリストル大学
リーズ大学
キングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学)
イーストアングリア大学
マンチェスター大学
リバプール大学
※上記は一部をご紹介しています。


メディカルスクール(医学部)で学べる主な学科

カウンセラーから医学分野への留学を目指す方へ

イギリスで医師として働くためには、日本の医師免許の有無は関係なく、学位取得から研修プログラムを終えるまでに10~16年が必要です。総合診療医(GP)として働くのか、内科医・外科医(Hospital consultant)として従事するのか、Intercalatingコースを履修するのか、進学準備コースから始めるのかによって、期間や進路は様々です。

また、学歴や、英語スコアなど、入学条件の基準は各大学によっても異なりますので、慎重な情報収集が必要です。

教育機関と密な関係にあるbeoは、情報量が違います。豊富な知識を持つカウンセラーにご相談下さい!電話、Eメールでのカウンセリングも行っています。お気軽にお問合せ下さい。

イギリス留学に興味のある方は、お気軽にご相談ください。
留学スタイルで選ぶ スタイル別イギリス留学サイト留学体験談ブログ イギリス留学体験者によるレポートを掲載しています。留学Q&A イギリス留学に関するよくある質問
イギリス大学院留学&MBA留学説明会
はじめての留学
  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • 願書一括請求

イギリス留学のご相談はbeoへ

「イギリス留学にかかる費用はいくらぐらい?」「どんな大学があるの?」人によって疑問は様々。beoの無料留学相談で、経験豊富な留学カウンセラーにぜひご相談ください。小学生・中学生の留学から、高校留学、大学留学、大学院留学、語学留学もご相談いただけます。

アメリカ、カナダ、オーストラリアなどの留学情報は、留学コンシェルジュ beo(ビーイーオー)
ページ先頭へ