留学プログラム紹介

生物医科学(Biomedical Science)留学

イギリスの生物医科学(Biomedical Science)

ポイント 生物医科学(Biomedical Science)とは

生物医科学とは生物的理論から人間の細胞や組織の機能やシステムを理解し、様々な病気の治療法を探求していく学問の総称です。生化学、免疫学、生理学、薬理学、マイクロバイオロジーなど、生物医科学の研究者として必要な分野の基本をしっかり学びながら、血液検査などの実践的なトレーニングも受けることができます。

ポイント 包括的なカリキュラム

細胞生物学やウイルス学、免疫学、病理学、疫学、ガン研究など、必修モジュールの他にも、応用薬理学や神経科学、毒性学、機会論、遺伝学、数理生物学など多種多様な選択モジュールが提供されており、自身の興味のある領域をより深く学んでいくことができます。各大学が最新鋭の研究施設を完備し、世界トップレベルの教育を行っています。

ポイント 卒業後のキャリア

学士課程では最終学年の前に1年間の就業経験期間(Placement year)があり、病院や研究施設で実践的な経験を積むことができます。卒業後は多くの学生が研究者として医療機関や研究機関などで活躍しています。

生物医科学(Biomedical Science)留学 学校選びのポイント

生物医科学は、研究者として人々の健康や病気の治療に貢献するやりがいのある学問です。その専門性は多岐に渡るため、自分が興味にある分野を明確にし、自身の将来のビジョンに合ったプログラムを提供しているかどうか見極めることがとても大切です。学校によっては 化学や生物などのバックグラウンドを入学条件に設定している場合もあり、応募条件を満たせない場合は、まず進学準備コースに出願しなければなりません。

生物医学の分野で留学を目指す方は、ぜひ一度お問い合わせください。beoの留学カウンセラーがアドバイスいたします。

生物医科学(Biomedical Science) 学べるコースの一例

  • Biomedical Sciences / 生物医科学
  • Biochemistry and Molecular Medicine / 生物科学&分子医学
  • Biomedical Science (Anatomy) / 生物医科学(解剖学)
  • Biomedical Science (Developmental Biology) / 生物医科学(開発生物学)
  • Biomedical Science (Physiology) / 生物医科学(生理学)
  • Biomedical Science (Pharmacology) / 生物医科学(薬学)

生物医科学(Biomedical Science)を学べる学校

ケンブリッジ大学
オックスフォード大学
インペリアル・カレッジ・ロンドン
UCL ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学)
ヨーク大学
サリー大学
サセックス大学
シェフィールド大学
キングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学)
ランカスター大学
イーストアングリア大学
※上記は一部をご紹介しています。


メディカルスクール(医学部)で学べる主な学科

カウンセラーから生物医科学分野への留学を目指す方へ

同じコース名でも、その内容は大学によってさまざま。知名度やランキングだけではなく、学びたいことや、ご自身の将来やキャリアのための選択が留学を成功させるカギです。

また、職歴、英語スコアなど、入学条件の基準は各大学によって大きく異なりますので、慎重な情報収集が必要です。

教育機関と密な関係にあるbeoは、情報量が違います。豊富な知識を持つカウンセラーにご相談下さい!電話、Eメールでのカウンセリングも行っています。お気軽にお問合せ下さい。

イギリス留学に興味のある方は、お気軽にご相談ください。
留学スタイルで選ぶ スタイル別イギリス留学サイト留学体験談ブログ イギリス留学体験者によるレポートを掲載しています。留学Q&A イギリス留学に関するよくある質問
イギリス大学院留学&MBA留学説明会
はじめての留学
  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • 願書一括請求

イギリス留学のご相談はbeoへ

「イギリス留学にかかる費用はいくらぐらい?」「どんな大学があるの?」人によって疑問は様々。beoの無料留学相談で、経験豊富な留学カウンセラーにぜひご相談ください。小学生・中学生の留学から、高校留学、大学留学、大学院留学、語学留学もご相談いただけます。

アメリカ、カナダ、オーストラリアなどの留学情報は、留学コンシェルジュ beo(ビーイーオー)
ページ先頭へ