イギリス留学トップ > 留学プログラム紹介 > 学部・学科で選ぶ > メディカルスクール(医学部)留学
留学プログラム紹介

メディカルスクール(医学部)留学

医学、歯学、薬学、理学療法学、作業療法学など、医療分野で最先端の技術を実践的に学べるコースが開講されています。

イギリスのメディカルスクール(医学部)

ポイント 最先端の設備や研究環境で医学を学ぶ

医療及びメディカル領域の教育において、イギリスにはケンブリッジ大学、UCL、バーミンガム大学、オックスフォード大学、マンチェスター大学など、世界を牽引する多くの大学があります。医学、歯学、薬学、理学療法学、作業療法学など、業界最先端の技術を実践的に学べるコースが開講されており、医療現場で働くための知識とスキルを身に付けることができます。

ポイント 国際的な視点で医療を学ぶ

イギリスで医師として働くためには、日本の医師免許の有無は関係なく、大学のメディカルスクールに入り、通常5〜6年間のコースを修了する必要があります。したがって、日本ですでに医療現場に従事している人にとっては、時間的にも費用的にもハードルが高いものとなっています。一方、公衆衛生学(Master of Public health)は、国際的視点、アカデミックな視点で、医療をあらゆる角度から深く学ぶことができる1年間の修士課程コースで、発展途上国の医療や復興医療支援に興味のある方にとって、人気の留学先のひとつとなっています。

メディカルスクール(医学部)留学 学校選びのポイント

医学部はイギリスでも最も競争の激しいコースです。日本の高校を卒業してそのままイギリスでの医師免許取得を目指すのか、日本で医師としてすでに働いているのか、状況によって進学先は大きく異なります。日本とイギリスのメディカルスクールの違いを理解し(例えばイギリスには医師になるための国家試験はありません)ご自身の状況や希望に合ったコースを提供している学校を探さなければなりません。大学の提供しているカリキュラムやモジュールを調べて、将来を見据えた学校選びを心がけましょう。

医療分野での留学を目指す方は、ぜひ一度お問い合わせください。beoの留学カウンセラーがアドバイスいたします。

メディカルスクール(医学部)を提供する学校

UCL ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学)
クイーン・メアリー(ロンドン大学)
アバディーン大学
グラスゴー大学
バーミンガム大学
エジンバラ大学
ニューカッスル大学
マンチェスター大学

※上記は一部をご紹介しています。

メディカルスクール(医学部)で学べる主な学科

カウンセラーからメディカルスクール(医学部)留学を目指す方へ

同じコース名でも、その内容は大学によってさまざま。知名度やランキングだけではなく、学びたいことや、ご自身の将来やキャリアのための選択が留学を成功させるカギです。

また、職歴、英語スコアなど、入学条件の基準は各大学によって大きく異なりますので、慎重な情報収集が必要です。

教育機関と密な関係にあるbeoは、情報量が違います。豊富な知識を持つカウンセラーにご相談下さい!電話、Eメールでのカウンセリングも行っています。お気軽にお問合せ下さい。

イギリス留学に興味のある方は、お気軽にご相談ください。
留学スタイルで選ぶ スタイル別イギリス留学サイト留学体験談ブログ イギリス留学体験者によるレポートを掲載しています。留学Q&A イギリス留学に関するよくある質問
留学エキスポ!
はじめての留学
  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • 願書一括請求

イギリス留学のご相談はbeoへ

「イギリス留学にかかる費用はいくらぐらい?」「どんな大学があるの?」人によって疑問は様々。beoの無料留学相談で、経験豊富な留学カウンセラーにぜひご相談ください。小学生・中学生の留学から、高校留学、大学留学、大学院留学、語学留学もご相談いただけます。

アメリカ、カナダ、オーストラリアなどの留学情報は、留学コンシェルジュ beo(ビーイーオー)
ページ先頭へ