イギリス留学トップ > 留学プログラム紹介 > 学部・学科で選ぶ > ロースクール(法学部)
留学プログラム紹介

ロースクール(法学部)

イギリスのロースクール(法学部)では、国際法、人権法、金融法、刑法など、幅広い分野を専門的に学ぶことができます。

イギリスのロースクール(法学部)

ポイント 法律のプロフェッショナルを目指す

イギリス全土の大学で質の高いプログラムが提供されています。学士課程は3年間、修士課程は1年間で修了することができます。法学部で提供されている LLM (Master of Law) は、法学修士号の学位取得コースで、日本の大学で法学部を卒業、または弁護士資格を取得するなどして、その後のキャリアアップを目的に法律を深く学ぶためのプログラムです。

ポイント 極めたい分野を決める

大きく分けて、ビジネス関連の分野と、国際協力の分野があり、前者は国際的な案件を取り扱う企業法務弁護士など、後者は国際機関やNGO団体への就職やキャリアアップの道が開かれます。

ポイント イギリスだからこそ学べる法学の分野

また、世界的な金融の街ロンドンを擁し、開発学や国際関係学の研究で世界をリードするイギリスでは、金融法や国際ビジネス法、電子商取引法などを学ぶことができるだけでなく、人権法や環境法を学ぶコースも充実しています。

ロースクール(法学部)留学 学校選びのポイント

一口に「法学」と言っても、情報技術法、国際比較商法、国際銀行法、保険法、刑事裁判、経済法、金融法、テクノロジーと知的財産法、ヨーロッパの法律、環境法、税制法、海事法、など、その分野は多岐に渡ります。自身の極めたい分野に強い大学を選ぶのも大切なことのひとつです。

この分野は、ご自身の希望とそれを提供している学校やコースをマッチングさせるための情報収集が難しい分野です。ロースクール(法学部)の専攻を目指す方は、ぜひ一度お問い合わせください。beoの留学カウンセラーがアドバイスいたします。

ロースクール(法学部)を提供する学校

クイーン・メアリー(ロンドン大学)
ロンドン・メトロポリタン大学
リーズ大学
エジンバラ大学
LSE ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス・アンド・ポリティカル・サイエンス(ロンドン大学)
ヨーク大学
キングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学)
ノッティンガム大学
ニューカッスル大学
※上記は一部をご紹介しています。

ロースクール(法学部)を提供する学校

カウンセラーからロースクール(法学部)留学を目指す方へ

同じコース名でも、その内容は大学によってさまざま。知名度やランキングだけではなく、学びたいことや、ご自身の将来やキャリアのための選択が留学を成功させるカギです。

また、職歴、英語スコアなど、入学条件の基準は各大学によって大きく異なりますので、慎重な情報収集が必要です。

教育機関と密な関係にあるbeoは、情報量が違います。豊富な知識を持つカウンセラーにご相談下さい!電話、Eメールでのカウンセリングも行っています。お気軽にお問合せ下さい。

イギリス留学に興味のある方は、お気軽にご相談ください。
留学スタイルで選ぶ スタイル別イギリス留学サイト留学体験談ブログ イギリス留学体験者によるレポートを掲載しています。留学Q&A イギリス留学に関するよくある質問
留学エキスポ!
はじめての留学
  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • 願書一括請求

イギリス留学のご相談はbeoへ

「イギリス留学にかかる費用はいくらぐらい?」「どんな大学があるの?」人によって疑問は様々。beoの無料留学相談で、経験豊富な留学カウンセラーにぜひご相談ください。小学生・中学生の留学から、高校留学、大学留学、大学院留学、語学留学もご相談いただけます。

アメリカ、カナダ、オーストラリアなどの留学情報は、留学コンシェルジュ beo(ビーイーオー)
ページ先頭へ