留学プログラム紹介

応用言語学留学

イギリスの応用言語学

ポイント 応用言語学とは

応用言語学とは、言語の構造を学び、コミュニケーションにおける言語の機能、特定の文化における言語の役割を理解し、言語と社会の関係性を探求していく学問です。応用言語学を通して得られる知識とスキルは、言語学教員、翻訳・通訳家、言語病理学者、聴覚機能訓練士など、言語のスペシャリストにとって必要不可欠なものとなっています。

ポイント イギリスで学ぶ応用言語学

応用言語学は、母国語、第二言語の習得に深く関係している学問です。子供がどのように言葉を覚えていくのか、私たちはどのように第二言語を習得していくのかなど、言語習得に関係するトピックを多角的な視点で研究し、外国語教育における様々な問題を紐解いていきます。イギリスは同分野で世界をリードする存在であり、社会言語学、認知言語学、心理言語学、比較言語学など、応用言語学に関連する学問を基礎からしっかり学ぶことができます。

ポイント 卒業後のキャリア

コースを通して、言語学の専門知識はもちろん、研究力、データ解析力、分析力などを身につけた卒業生の多くは、言語のプロフェッショナルとして、研究職や教員、出版社やジャーナリスト、通訳・翻訳業界などで幅広く活躍しています。

応用言語学留学 学校選びのポイント

応用言語学は言語のプロフェッショナルを育成するコースであり、TESOL(英語教授法)や言語教育学、通訳・翻訳学など、言語が関係する他の専攻と深く関係している学問です。コースを通して具体的に何を学び、培った知識とスキルを活かして将来どんなキャリアパスを形成していきたいのかよく考え、自身の将来のビジョンに合ったプログラムを提供しているかどうか見極めることがとても大切です。英語・外国語教育が盛んなイギリスでは、あなたの要望にあった大学が必ず見つかります。

応用言語学の分野で留学を目指す方は、ぜひ一度お問い合わせください。beoの留学カウンセラーがアドバイスいたします。

応用言語学 学べるコースの一例

  • Applied Linguistics / 応用言語学
  • English Language and Applied Linguistics / 英語&応用言語学
  • Applied Linguistics and Communication / 応用言語学&コミュニケーション
  • Applied Linguistics and Second Language Acquisition / 応用言語学&第二言語習得
  • Applied Linguistics & ELT / 応用言語学&ELT(英語教授法)
  • Applied Linguistics for Language Teaching / 応用言語学&言語教育
  • Applied Linguistics and TESOL / 応用言語学&TESOL(英語教授法)

通訳を学べる学校

バーミンガム大学
レディング大学
ウォーリック大学
ノッティンガム大学
エセックス大学
エジンバラ大学
シェフィールド大学
ケント大学
リーズ大学
ノーサンブリア大学
ランカスター大学
※上記は一部をご紹介しています。

教育学・言語学留学で学べる主な学科

カウンセラーから応用言語学分野への留学を目指す方へ

同じコース名でも、その内容は大学によってさまざま。知名度やランキングだけではなく、学びたいことや、ご自身の将来やキャリアのための選択が留学を成功させるカギです。

また、職歴、英語スコアなど、入学条件の基準は各大学によって大きく異なりますので、慎重な情報収集が必要です。

教育機関と密な関係にあるbeoは、情報量が違います。豊富な知識を持つカウンセラーにご相談下さい!電話、Eメールでのカウンセリングも行っています。お気軽にお問合せ下さい。

イギリス留学に興味のある方は、お気軽にご相談ください。
留学スタイルで選ぶ スタイル別イギリス留学サイト留学体験談ブログ イギリス留学体験者によるレポートを掲載しています。留学Q&A イギリス留学に関するよくある質問
イギリス大学院留学&MBA留学説明会
はじめての留学
  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • 願書一括請求

イギリス留学のご相談はbeoへ

「イギリス留学にかかる費用はいくらぐらい?」「どんな大学があるの?」人によって疑問は様々。beoの無料留学相談で、経験豊富な留学カウンセラーにぜひご相談ください。小学生・中学生の留学から、高校留学、大学留学、大学院留学、語学留学もご相談いただけます。

アメリカ、カナダ、オーストラリアなどの留学情報は、留学コンシェルジュ beo(ビーイーオー)
ページ先頭へ