イギリス留学トップ > 留学プログラム紹介 > 学部・学科で選ぶ > 教育学部・言語学部
留学プログラム紹介

教育学部・言語学部

幼児・初等教育、英語教授法(TESOL)、通訳・翻訳など、各分野で必要となる知識とスキルを習得できます。

イギリスの教育学部・言語学部

ポイント 国際的に高く評価されるイギリスの教育学

教育学部は主に、幼児教育(保育園・幼稚園)、初等教育(小学校)、中等教育(中学校、高校)、特別教育(養護・障害児教育)に分かれています。イギリスの初等教育は非常に進んでおり、教育分野への熱意溢れる学生が世界中から集まります。教授法や教育心理学、カリキュラム論など、各分野を教えるための知識とスキルを体得します。

ポイント 英語発祥の地で学ぶ英語教授法(TESOL)

イギリスでは多くの大学で英語教授法(TESOL)のコースが開講されています。母国で英語教師として長年経験を積んできた方はもちろん、英語教授経験のない方対象のコースもあり、カナダ、中国、キューバ、ギリシャなど、英語教育分野でのキャリアの形成を目指す学生が各国から学びにきます。

ポイント 通訳者・翻訳者を目指せる

イギリスでは修士課程で通訳・翻訳コースを提供しています。実践的なカリキュラムを通して、より理論的、体系的に通訳・翻訳学を学ぶことができます。また日英以外の他言語の通訳を学ぶ学生と一緒に学ぶことで、別の言語から英語に訳されたものを通訳するリレーなども練習することができるなど、様々なメリットがあります。

教育学・言語学留学 学校選びのポイント

各大学が提供しているコースをよくリサーチし、学びたいことが学べるかを調べることが大切です。英語教授法では経験年数によって適したコースは変わりますし、通訳・翻訳学に関しては、日本人講師が在籍していない大学もあります。自身の興味のある領域をはっきりさせ、キャリアを見据えた学校選びを心がけましょう。

教育学・言語学の専攻を目指す方は、ぜひ一度お問い合わせください。beoの留学カウンセラーがアドバイスいたします。

教育学・言語学を学べる学校

UCL インスティチュート・オブ・エデュケーション(ロンドン大学)
リーズ大学
エジンバラ大学
オックスフォード・ブルックス大学
サセックス大学
イーストアングリア大学
エセックス大学
ロンドン・メトロポリタン大学
マンチェスター大学
ミドルセックス大学
ニューカッスル大学
ポーツマス大学
ローハンプトン大学
サルフォード大学
シェフィールド大学
バーミンガム大学

※上記は一部をご紹介しています。

教育学・言語学留学で学べる主な学科

カウンセラーから教育学・言語学留学を目指す方へ

志向やキャリアプランに応じて、様々な選択肢がある分野なので、ご自身の希望とそれにマッチする学校、コース選びをすることは想像以上に難しく、時間と労力を必要とします。

ぜひ一度お問い合わせください。当オフィスカウンセラーがご希望を伺った上で、一人ひとりに適した大学、コース紹介をいたします。

イギリス留学に興味のある方は、お気軽にご相談ください。
留学スタイルで選ぶ スタイル別イギリス留学サイト留学体験談ブログ イギリス留学体験者によるレポートを掲載しています。留学Q&A イギリス留学に関するよくある質問
留学エキスポ!
はじめての留学
  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • 願書一括請求

イギリス留学のご相談はbeoへ

「イギリス留学にかかる費用はいくらぐらい?」「どんな大学があるの?」人によって疑問は様々。beoの無料留学相談で、経験豊富な留学カウンセラーにぜひご相談ください。小学生・中学生の留学から、高校留学、大学留学、大学院留学、語学留学もご相談いただけます。

アメリカ、カナダ、オーストラリアなどの留学情報は、留学コンシェルジュ beo(ビーイーオー)
ページ先頭へ