留学プログラム紹介

高校生の留学

 

今しかできない経験がある!世界で学び、世界を学ぶ高校生の留学。

グローバル化が加速度的に進む昨今。世界に通用する英語力・国際力を身に付けたいと、高校のうちから留学を希望される方は年々増加しています。15~18歳というのは、人生の中で最も好奇心や知識欲に溢れている時期です。吸収力・柔軟性に富んだこの時期に、日本とは異なる環境で学び生活することで、物事を様々な角度から捉える幅広い視野、自立心、積極性を育むことができます。

「夏休みを利用して英語力を身につけたい」、「海外の高校で学びたい」、「大学留学のために今から準備をしたい」、目的や留学スタイルは、一人ひとり異なりますが、若いうちに世界へ飛び出すことによって得られる経験と知識は必ずや人生の糧となり、輝かしい未来へつながる架け橋となるでしょう。

beoは「トビタテ!留学JAPAN」の取り組みを応援しています。
> 「トビタテ!留学JAPAN」の支援制度で留学


高校在学中の短期語学留学

夏休みや春休みなどを利用して海外の語学学校で集中して英語を学ぶ「短期語学留学」。アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアなど、世界各地の語学学校で、高校生向けの短期プログラムが開講されています。

総合的な英語力を上げる一般英語コースや、海外大学進学を見据えた各種試験対策コース(IELTS、TOEFL)、英語と同時にサッカーやラグビーなど学ぶ英語+αのコースなど、様々なコースの中から自分の目的に合ったものを選ぶことができます。また、夏休みに開講されるサマースクールでは、英語学習の他にも様々なアクティビティ(文化施設訪問、レジャー体験)が行われ、世界中から集まった仲間と共に有意義な時間を過ごすことができます。

高校在学中の1年間の留学

日本の高校に在学中に、1年間、海外高校に留学する場合、交換留学と、いわゆる私費留学があります。私費留学では、1年間休学して留学する場合と、留学した高校で取得した単位を日本の在籍校に認定してもらい、留年せずに卒業できる場合とがあります。留学前に在籍校に確認が必要です。

語学学校に1年間など長期留学する場合には、休学扱いとなります。

海外の高校に進学

イギリスの教育システムは日本とは大きく異なり、5歳~16歳の11年間(Year1~11)がイギリスでの義務教育期間となります。日本の義務教育を終えた後すぐにイギリスに留学する場合は、ボーディング・スクールと言われる私立学校に入学し、Year9ないしは10から始めることになります(親がイギリスの納税者でない限り、公立高校に進学することはできません)。

英語力が足りない場合、学校付属の英語コースや留学生専用のコースを受講することも可能です。現地の高校生と共に英語で授業を受け、英語で生活していく中で、高い語学力を身に付けることができるのは、高校生のうちに留学する最大の利点のひとつです。

また、受動的な授業が一般的な日本に対し、海外の授業は非情に能動的で積極的な姿勢が求められます。そういった環境で学んでいくことで、海外の大学に留学する際にも必要となる「アカデミックスキル」を習得できることはもちろん、将来、国際舞台で活躍するためのコミュニケーション能力や問題解決能力を養うことができます。

高校卒業後の大学留学

日本の高校を卒業後イギリスの大学への進学を考えている場合、ファウンデーション・コースと呼ばれる進学準備コースに1年間通った後、学士課程(3年間)に進学するのが一般的です。

一方、イギリスの高校(Year11)から、そのままイギリスの大学へと進学する場合、6th Formと言われるアカデミック・コース(2年間)に進み、A-levelを受験。そのスコアを基に大学へ進学するのが一般的です。留学生が通うことになるボーディング・スクール(私立学校)では、義務教育(Year1~11)からアカデミック・コース(6th Form)まで一貫して教育を行っているため、一定の成績を修めていればYear11修了後、アカデミックコースに進むことができます。

留学したい高校生へ

留学は身近なものになりましたが、高校生の留学にはご両親やご家族の理解と支援が欠かせません。ぜひ、保護者の方と一緒に留学カウンセリングを受けていただくことをおすすめします。お気軽にご相談ください。

イギリス留学に興味のある方は、お気軽にご相談ください。
留学スタイルで選ぶ スタイル別イギリス留学サイト留学体験談ブログ イギリス留学体験者によるレポートを掲載しています。留学Q&A イギリス留学に関するよくある質問
イギリス大学院留学&MBA留学説明会
はじめての留学
  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • 願書一括請求

イギリス留学のご相談はbeoへ

「イギリス留学にかかる費用はいくらぐらい?」「どんな大学があるの?」人によって疑問は様々。beoの無料留学相談で、経験豊富な留学カウンセラーにぜひご相談ください。小学生・中学生の留学から、高校留学、大学留学、大学院留学、語学留学もご相談いただけます。

アメリカ、カナダ、オーストラリアなどの留学情報は、留学コンシェルジュ beo(ビーイーオー)
ページ先頭へ