イギリス留学トップ > 留学プログラム紹介 > 学校紹介 > ロンドン芸術大学

ロンドン芸術大学 University of the Arts London

【ロケーション】
イギリス>ロンドン

【注目のコース】
ファッション / 広告デザイン / ファインアート

【学生数】
総学生数:約17800人(学士課程14200人 / 修士課程3600人 / 留学生数8200人)

ロンドン芸術大学 公式出願窓口 beo

ロンドン芸術大学の公式なトレーニングを受け、6つの各カレッジ、入学条件など求める学生像、コースの特徴、出願プロセスに精通した留学カウンセラーが、留学サポートを担当します。

>ロンドン芸術大学の日本語ウェブサイト

ロンドン芸術大学(UAL)の特徴

イギリスはもちろん世界でも指折りの芸術大学であるロンドン芸術大学は、Camberwell College of Arts、Central Saint Martins、Chelsea College of Arts、London College of Communication、London College of Fashion、Wimbledon College of Arts、6つのカレッジで構成されています。各カレッジがそれぞれ特徴を持ち、最新鋭の設備の下、アート、デザイン、ファッション、コミュニケーション、パフォーミングアーツなど、あらゆる芸術分野のコースを提供しています。中でも Central Saint Martins は最も有名なカレッジのひとつで、ジョン・ガリアーノ(John Galliano)やアレキサンダー・マックイーン(Alexander McQUEEN)など、近代のファッション界を牽引してきた人材を輩出してきました。

ロンドン芸術大学(UAL)の歴史

19世紀~20世紀初頭に設立された6つのカレッジから形成される大学連合「London Institute」がその前身。2004年に現在の「University of the Arts London」に名称を変更し、これまで数々の才能溢れるアーティストを世に送り出してきました。イギリスの優れた芸術家に贈られる「ターナー賞(Turner Prize)」において、過去30年間の半分以上の受賞者・ノミネート者が当学出身者で占められています。

立地・キャンパス・街の様子

伝統とモダンが融合する街ロンドンは世界的芸術都市としてもその名を知られており、世界中から才能溢れるクリエイターが集まります。各カレッジ共、ロンドン市内にキャンパスを構え、交通アクセスは抜群。大学の周辺には撮影スタジオや美術館、ギャラリーなどが数多く点在し、常に新しい刺激に溢れています。UALでは、ロンドンでの生活を通して、自分の目で、耳で、肌で感じた感性やアイデアを存分に吸収し、アーティストとして大きく成長できるよう最適な学習環境を整えています。(ロンドンの街についてもっと詳しく)

大学施設・設備

各カレッジが計7つのギャラリーをもち、世界中の著名アーティストやデザイナーの作品をはじめ、卒業生、在校生、大学スタッフの作品を一般に公開しています。入館料は無料で作品展示の他にも、アーティスト同士の交流会やレクチャー、パフォーマンスなど、様々なイベントが行われています。また、各カレッジに図書館が設置され、アート&デザイン関係の定期刊行物など芸術関連の文献を中心に47万冊以上を所蔵しています。

ロンドン芸術大学(UAL)の注目のコース

ファッション(Fashion)

CSM(Central Saint Martins)のファッションコースは、同分野において世界で最も人気のあるコースのひとつで、ジョン・ガリアーノなど有名デザイナーを数多く輩出しています。業界との強いリンクを基盤に、ニットウェアデザイン、メンズウェアデザイン、レディースウェアデザイン、テキスタイルなど、自分の興味のある領域を実践的、専門的に学んでいくことができます。CSM のファッションコースは流行を追うことはありません。常に流行の一歩先を歩き、新しいアイデアで世界を驚かせるアーティストの育成に尽力しています。

広告デザイン(Advertising)

広告会社 Saatchi & Saatchi の創設者チャールズ・サーチが在籍していた、LCC(London College of Communication)の広告デザインコースでは、革新的かつ実践的なカリキュラムを通して、プランナーやアートディレクター、クリエイティブディレクターとして広告業界で国際的に活躍するための知識とスキルを身に付けることができます。業界とのリンクも強く、ゲストレクチャーやインターンシップの機会も多数提供されています。

ファインアート(Fine Art)

CCA(Chelsea College of Arts)のファインアートコースは、イギリスで最も歴史あるコースのひとつです。スタジオでの作品制作を中心とした実践的なコースを通して、絵画、彫刻、映画、ビデオ、デジタルメディアなど、あらゆるメディアにおけるアートを学んでいくことができます。また、業界で活躍しているアーティストや、他のカレッジとも積極的に協力しあうことで、様々な観点から新しいアイデアを生み出せるクリエイターを育成しています。

ランキング

世界大学ランキング
  • QS世界大学ランキング 2016(Art & Design部門):5位
イギリス国内の大学ランキング・研究評価
  • The Guardian University Guide 2016(Art部門):12位
  • The Complete University Guide 2017(Art & Design部門):25位
  • Research Excellence Framework (REF) 2014:芸術分野で高い評価

ロンドン芸術大学(UAL)の学費・奨学金

留学生の授業料(2016/2017)
  • 学士課程:£17,230~(1年間)
  • 修士課程:£19,440~
奨学金

留学生向けの準備コース・英語コース

ロンドン芸術大学付属の語学センター(UAL Language Centre)では、一般英語コースをはじめ、アカデミック英語コースや、ファッションや写真を同時に学べる「英語+α」コースも開講しています。プリセッショナルコース(Presessional Academic English Programme)の修了者はIELTSのスコアなしで、本課程に出願することができます。また、各カレッジでは、Foundation Diploma in Art & Designコースが開講されており、学士課程への進学に向けて1年間しっかり学び、学士課程で学ぶための基礎的なスキルと知識を付けると共に、魅力的なポートフォリオを創ることができます。

アコモデーション(滞在方法)

ロンドン芸術大学はロンドンの各地に計12の学生寮を完備しています。どの寮も各カレッジからアクセスしやすい好立地に建てられ、学生に快適な居住スペースを提供しています。ロンドン芸術大学のアコモデーションオフィスでは、学生の滞在先探しをサポートしています。

Student Union 学生自治会/サークル・クラブ活動

ロンドン芸術大学に入学すると自動的に 大学の Student Union(SUARTS)に登録されます。SUARTSでは、学生生活のことから、コース、クラブ活動のことまで、学生の生活をより豊かにするためのアドバイスとサポートを行っています。

著名な卒業生

チャールズ・サーチ(Charles Saatchi)、Saatchi & Saatchi創設者
アレキサンダー・マックイーン(Alexander McQUEEN)、ファッションデザイナー
ジェフ・ベック(Jeff Beck)、ギタリスト
マイク・リー(Mike Leigh)、映画監督
ティム・ロス(Tim Roth)、俳優
ジョー・ライト(Joe Wright)、映画監督
コリン・ファース(Colin Andrew Firth)、俳優
ピアース・ブロスナン(Pierce Brendan Brosnan)、俳優
ポール・ベタニー (Paul Bettany)、俳優
ランキン(Rankin)、写真家
ジェームズ・ダイソン(Sir James Dyson)、プロダクトデザイナー&ダイソン社の創業者
クリストファー・オラム(Christopher Oram)、衣装デザイナー
ジミーチュウ(Jimmy Choo)、Jimmy Choo創設者
ステラ・マッカートニー(Stella McCartney)、ファッションデザイナー
フセイン・チャラヤン (Hussein Chalayan)、ファッションデザイナー
ルシアン・フロイド(Lucian Freud)、画家
ギルバート&ジョージ(Gilbert and George)、美術家(ギルバート・プロッシュとジョージ・パサモア)
アントニー・ゴームリー(Antony Mark David Gormley)、彫刻家
クェンティン・ブレイク(Quentin Blake)、イラストレーター
デイヴィッド・ホックニー(David Hockney)、芸術家
アニッシュ・カプーア (Anish Kapoor)、彫刻家
レイモンド・ブリッグズ(Raymond Briggs)、イラストレーター
フローレンス・ウェルチ(Florence Leontine Mary Welch)、歌手
ジャーヴィス・ブランソン・コッカー(Jarvis Branson Cocker)、ミュージシャン
レイフ・ファインズ(Ralph Fiennes)、俳優

キャリア(就職)サポート

ロンドン芸術大学では卒業生、在校生のために手厚いキャリアサービスを提供しています。UALのキャリア支援サイト「Creative Opportunities」に登録すると、求人情報や有料インターンシップ、パートタイム、フリーランス契約まで、様々な情報を手に入れることができます。またUALによって運営される「ArtsTemps」は、卒業生を有給で一時的に雇い、大学スタッフとして働かせながら、就職に向けてスキルをさらに磨く機会を提供しています。

ロンドン芸術大学の難易度・偏差値

イギリスのアート系コースは、ポートフォリオやオーディションにより入学審査がおこなわれます。一般的に高い学力は求められませんが、基礎学力は必要です。また、留学生は入学条件となる英語力(英語スコア)を満たしている必要があります。

芸大・美大・音大、およびアート系学部の入学難易度について

ロンドン芸術大学 合格実績

ロンドン芸術大学の合格実績

海外大学・大学院合格実績
2019年 大学・大学院留学 出願受付中

大学スタッフ来日イベント

beoでは、現地大学スタッフの来日に合わせ、授業体験、ワークショップ、個別相談会を実施しています。
海外教育機関スタッフ来日イベント
イベントレビュー (過去に開催されたイベントの様子)

イギリス大学・大学院との強力なネットワークがbeoの強みです。

毎年100を超える教育機関がbeoを訪問。各大学・コースの合格基準、求める学生像、合格に結びつく出願書類、審査基準のポイントなど、貴重な情報の共有を行っています。
これまで、7,000名以上の方のイギリス大学・大学院留学をサポートしてきました。その合格率は99%です。
この大学、と決めている方も、自分に合う大学を探している方も、無料カウンセリングでぜひ一度ご相談ください。

ロンドン芸術大学に出願済みの方へ

beoのサポートを利用せずに出願手続きされた方で、書類に不備がなかったか心配な方、その後の連絡がなく不安な方は、beoから学校側に問い合わせることも可能です。
お問い合わせフォームまたはお電話で、お気軽にお問い合わせください。

イギリス大学院&MBA留学説明会
はじめての留学
  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • 願書一括請求

イギリス留学のご相談はbeoへ

「イギリス留学にかかる費用はいくらぐらい?」「どんな大学があるの?」人によって疑問は様々。beoの無料留学相談で、経験豊富な留学カウンセラーにぜひご相談ください。小学生・中学生の留学から、高校留学、大学留学、大学院留学、語学留学もご相談いただけます。

アメリカ、カナダ、オーストラリアなどの留学情報は、留学コンシェルジュ beo(ビーイーオー)
ページ先頭へ