イギリス留学トップ > 留学プログラム紹介 > 学校紹介 > トリニティ・ラバン・コンサヴァトワール大学

トリニティ・ラバン・コンサヴァトワール大学 Trinity Laban Conservatoire of Music and Dance

大学 大学院 専門 大学準備
トリニティ・ラバン・コンサヴァトワール大学

【ロケーション】
イギリス>ロンドン>グリニッジ、デプトフォード

【注目のコース】
ジャズ / コンテンポラリーダンス

トリニティ・ラバン・コンサヴァトワール大学の特徴

トリニティ・ラバン・コンサヴァトワール大学

トリニティ・ラバン・コンサヴァトワール大学は、2005年のトリニティ・カレッジ・オブ・ミュージックと、ラバン・ダンス・センター合併により誕生した音楽・ダンス大学です。キャンパスは、ロンドン南部のグリニッジとロンドン南東のデプトフォードにあります。テムズ川沿いの元海軍学校だった建物は、映画撮影で使用されるほど美しい環境です。特別に建てられた13のダンススタジオでは、大きな窓からふんだんに差し込む光がダンサーたちの動きを壁に映し出します。
トリニティ・ラバン・コンサヴァトワール大学の卒業生は、約99%が卒業後すぐに就職しています。この就職率の高さは、大学が催す年間約600件ものイベントを経験し、実践力を養っていることによります。また、希望者は2週間からの国外ツアーに参加することもできます。

さらに詳しく(トリニティ・ラバン・コンサヴァトワール大学現地ホームページを見る(英語))

トリニティ・ラバン・コンサヴァトワール大学注目のコース

ジャズ
ジャズ

トリニティ・ラバン・コンサヴァトワール大学のジャズコースは、ヨーロッパでもトップランクのジャズ学科で開講されています。伝統的なジャズを基盤としながら、新しいものを探す好奇心を育てます。 様々なタイプの小規模なアンサンブルで即興を行ったり、Big Band と呼ばれるバンドにも参加。世界的に定評のある講師陣、そしてジャズミュージシャンであるSimon Purcellによる授業は、スキルや可能性を向上させるだけでなく、本物のジャズとその世界を体感することができます。

クラシック音楽
クラシック

トリニティ・ラバン・コンサヴァトワール大学の音楽学部では、クラシックの作曲コース、ピアノ・オルガンコース、弦楽器コース、声楽コース、管楽器コースを開講。ソリストとして、あるいは小・大規模のアンサンブルの一員として、幅広い観客の前で演奏する機会に恵まれています。また、演奏・作曲技術だけでなく、現代社会における観客や、プロの音楽家についての理解を深めるなど、アカデミックな知識も身に付けられます。

トリニティ・ラバン・コンサヴァトワール大学のホームページでは、2000年に作曲コースを卒業し、現代クラシック音楽の作曲家として世界的に活躍しているMr Dai Fujikuraをご紹介しています。
>Mr Dai Fujikuraの紹介(英語)

コンテンポラリーダンスコース
コンテンポラリーダンスコース

トリニティ・ラバン・コンサヴァトワール大学のダンス学部は、2014年のガーディアン紙高等教育ランキングで第1位に選ばれました。また、プロのコンテンポラリーダンサーやアーティストを育てる、ヨーロッパ随一の機関でもあります。世界トップレベルのアーティストや講師による、最高の指導が受けられます。コンテンポラリーダンスコースは、技術や創造性を高めるだけでなく、批評力や解析能力、それを反映させるスキルも学びます。授業はコンテンポラリーダンスとクラシックバレエの他に、振り付け技術などのワークショップも行います。

ボディ・イン・パフォーマンスコース

パフォーマンスの創造を通して、肉体の社会的、文化的、政治的、哲学的構造を学ぶコースです。スタジオを拠点にワークショップやディスカッションを行い、パフォーマーと観客の関係やライブパフォーマンスの批評などを学びます。パフォーマンスについて、そしてパフォーマンスと共に、考える力、行動する力、書く力、話す力を養います。

さらに詳しく(トリニティ・ラバン・コンサヴァトワール大学現地ホームページを見る(英語))

トリニティ・ラバン・コンサヴァトワール大学で学べる分野

人文科学

  • 文学・文化・歴史
  • 言語学・通訳・翻訳
  • その他人文科学

教育

  • 教育・TESOL

芸術・表現

  • アート&デザイン
  • 音楽
  • その他芸術・表現

社会科学

  • 経済
  • 経営・ビジネス
  • 法律
  • 開発・平和
  • 国際関係・政治
  • メディア・ジャーナリズム
  • 心理学
  • その他社会科学

理工

  • 建築・都市計画
  • 理学
  • 工学
  • IT/コンピューター
  • 環境
  • その他理工

医学

  • 看護・医療・薬学

その他

  • 観光・ホスピタリティ
  • フード・飲食
  • 美容・セラピー・カウンセリング
  • スポーツ
  • フラワーアレンジメント・園芸
  • 秘書・事務
  • その他職業・専門

トリニティ・ラバン・コンサヴァトワール大学の学費・奨学金について

イギリスの大学の一般的な授業料は、学士課程は1年間で £12,000 ~ £15,000、修士課程は、文系 £12,000~/理系 £15,000~/MBA £20,000~ が目安となります。授業料は大学やコースにより異なります。また、毎年わずかに値上がりする傾向が続いています。

トリニティ・ラバン・コンサヴァトワール大学の難易度・偏差値

イギリスのアート系コースは、ポートフォリオやオーディションにより入学審査がおこなわれます。一般的に高い学力は求められませんが、基礎学力は必要です。また、留学生は入学条件となる英語力(英語スコア)を満たしている必要があります。

芸大・美大・音大、およびアート系学部の入学難易度について

トリニティ・ラバン・コンサヴァトワール大学 合格実績

トリニティ・ラバン・コンサヴァトワール大学の合格実績

海外大学・大学院合格実績
2019年 大学・大学院留学 出願受付中

大学スタッフ来日イベント

beoでは、現地大学スタッフの来日に合わせ、授業体験、ワークショップ、個別相談会を実施しています。
海外教育機関スタッフ来日イベント
イベントレビュー (過去に開催されたイベントの様子)

イギリス大学・大学院との強力なネットワークがbeoの強みです。

毎年100を超える教育機関がbeoを訪問。各大学・コースの合格基準、求める学生像、合格に結びつく出願書類、審査基準のポイントなど、貴重な情報の共有を行っています。
これまで、7,000名以上の方のイギリス大学・大学院留学をサポートしてきました。その合格率は99%です。
この大学、と決めている方も、自分に合う大学を探している方も、無料カウンセリングでぜひ一度ご相談ください。

トリニティ・ラバン・コンサヴァトワール大学に出願済みの方へ

beoのサポートを利用せずに出願手続きされた方で、書類に不備がなかったか心配な方、その後の連絡がなく不安な方は、beoから学校側に問い合わせることも可能です。
お問い合わせフォームまたはお電話で、お気軽にお問い合わせください。

イギリス大学院&MBA留学説明会
はじめての留学
  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • 願書一括請求

イギリス留学のご相談はbeoへ

「イギリス留学にかかる費用はいくらぐらい?」「どんな大学があるの?」人によって疑問は様々。beoの無料留学相談で、経験豊富な留学カウンセラーにぜひご相談ください。小学生・中学生の留学から、高校留学、大学留学、大学院留学、語学留学もご相談いただけます。

アメリカ、カナダ、オーストラリアなどの留学情報は、留学コンシェルジュ beo(ビーイーオー)
ページ先頭へ