イギリス留学トップ > 留学プログラム紹介 > 学校紹介 > グリンドゥール大学

グリンドゥール大学 Glyndwr University

大学 大学院 英語(語学) サマースクール 学部短期・休学留学 大学準備 大学院準備

【グリンドゥール大学ロケーション】
イギリス>ウェールズ>レグザム

【グリンドゥール大学注目のコース】
児童文学イラストレーション/MBA

お知らせ

2014年6月26日現在、英国内務省による留学生ビザ(Tier 4)スポンサー登録資格の取り消しにより、現時点で留学生を受け入れることができません。

グリンドゥール大学の特徴

グリンドゥール大学は2008年に創設されたばかりの、ウェールズの中で最も精神気鋭な大学です。14世紀の偉人の名にちなんで名づけられたグリンドゥール大学は、グリンドゥールの開拓者精神を存分に受け継ぎ、常に新たなことに挑戦し続ける精神が今やウェールズのみならず、世界中から注目されています。2つのキャンパスには8,000人ほどの学生が集い、自由かつ果敢に挑戦し続ける校風を謳歌しています。キャンパスは北ウェールズ一大きな都市レグザムに位置し、学生生活に彩りを加えるアクティビティが街中にあふれています。特にショッピングは、質でも量でも人気を誇っており、その他アウトドアなども楽しめる、遊びも学びも充実した都市です。ロンドンやバーミンガム、カーディフへも電車で一本で行けるので、平日はコストもかからず楽しむことができ、週末は贅沢に遊ぶこともでき、楽しみ方は自由自在です。また、グリンドゥール大学はグローバル企業との関わりが深く、ケロッグやシャープなど、世界に名だたる企業での職業体験など、学生は在籍中から幅広い視野を養うことができます。2008年のRAEでは、2008年の創立にも関わらず、既にグリンドゥール大学の研究は国内外から注目されていると高い評価を得ました。グリンドゥール大学の学位は、かのウェールズ大学から認可されており、卒業後の就職に活かすことができます。前身である高等教育機関時代も、グリンドゥール大学の卒業生の高い就職率は、注目を集めており、2006年には92%の高い就職率が評価されました。さらにグリンドゥール大学は留学生の受け入れ体制が調っていることでも知られており、留学生は37週間にわたって無料で学生寮に滞在することができます。

さらに詳しく(グリンドゥール大学のホームページを見る(英語))

グリンドゥール大学注目のコース

児童文学イラストレーション

グリンドゥール大学の児童文学イラストレーション修士課程は、児童文学の挿絵のデザインや、絵本製作に特化したイギリスでも類まれなコースです。挿絵のためのデザイン・テクニックやキャラクター・デザインなど、専門的かつ実践的な内容をコースに盛り込む一方、本の装丁など、デザインも幅広く学ぶことができます。そのため、グリンドゥール大学 芸術学部の卒業生は出版業界だけでなく、ゲームデザインや、アニメーションなど幅広くデザインを取り扱う職業に従事しています。グリンドゥール大学もまた、デザインを取り扱う業界との結びつきが強く、児童文学イラストレーション修士課程では、イタリア・ボローニャで開催される国際児童文学祭やロンドンに本社を構える出版社への訪問などがコース内容に盛り込まれています。そのほか、ポーランドへの更なる短期留学の機会もあり、国際的なデザイナーやイラストレーターを目指す方に最適の環境が調っています。その結果、当修士課程の卒業生の100%が卒業後6ヶ月以内に就職先や更なる学習環境を見つけており、44%の卒業生は自身のデザイン事務所を立ち上げるなど、起業しています。

MBA

グリンドゥール大学のMBAは21世紀のビジネスに必要なスキルを全て網羅すべく、デザインされた修士課程です。イギリス国内のビジネスはもちろん、国際的なビジネスモデルに着目し、いかに時代を先読みし、牽引していくかに注力しています。さらにグリンドゥール大学のMBAコースを特徴的にしているのが、アメリカの首都ワシントンDCに立地した、有名大学ジョージタウン大学との協力科目設置です。ジョージタウン大学の教授による講義も受講でき、幅広い視野からビジネスを捉えることができます。その上、経営者のための学校として名高いチャータード・マネージメント・インスティチュートの授業を無料で受講することができます。世界中から集まった経営者との意見交換は、刺激的な経験です。

さらに詳しく(グリンドゥール大学のホームページを見る(英語))

グリンドゥール大学で学べる分野

人文科学

  • 文学・文化・歴史
  • 言語学・通訳・翻訳
  • その他人文科学

教育

  • 教育・TESOL

芸術・表現

  • アート&デザイン
  • 音楽
  • その他芸術・表現

社会科学

  • 経済
  • 経営・ビジネス
  • 法律
  • 開発・平和
  • 国際関係・政治
  • メディア・ジャーナリズム
  • 心理学
  • その他社会科学

理工

  • 建築・都市計画
  • 理学
  • 工学
  • IT/コンピューター
  • 環境
  • その他理工

医学

  • 看護・医療・薬学

その他

  • 観光・ホスピタリティ
  • フード・飲食
  • 美容・セラピー・カウンセリング
  • スポーツ
  • フラワーアレンジメント・園芸
  • 秘書・事務
  • その他職業・専門

グリンドゥール大学の学費・奨学金について

イギリスの大学の一般的な授業料は、学士課程は1年間で £12,000 ~ £15,000、修士課程は、文系 £12,000~/理系 £15,000~/MBA £20,000~ が目安となります。授業料は大学やコースにより異なります。また、毎年わずかに値上がりする傾向が続いています。

グリンドゥール大学の難易度・偏差値

難易度: 普通
※学士課程の入学条件(学業要件)を目安に当社独自の判断で分類しています。(学業要件とは、英語スコアではなく、学業成績の条件のことです)

イギリスの大学に、日本の「偏差値」の考え方はありません。大学の入学審査は主に書類のみでおこなわれます(ポートフォリオや面談がある場合も)。重要なのは最終学歴の成績と、志望動機書(自己推薦文)です。加えて、入学条件の英語力を満たす必要があります。入学基準となる成績・英語力は、各大学のウェブサイトでコース情報のページや入学案内のページに記載されています。

修士課程の場合は、上記に加えて、職歴などのバックグラウンドも合格を左右するため、一概に大学の難易度だけで判断できません。まずは、beoの留学カウンセラーにご相談ください。留学カウンセリング予約

グリンドゥール大学 合格実績

グリンドゥール大学の合格実績

海外大学・大学院合格実績
2019年 大学・大学院留学 出願受付中

大学スタッフ来日イベント

beoでは、現地大学スタッフの来日に合わせ、授業体験、ワークショップ、個別相談会を実施しています。
海外教育機関スタッフ来日イベント
イベントレビュー (過去に開催されたイベントの様子)

イギリス大学・大学院との強力なネットワークがbeoの強みです。

毎年100を超える教育機関がbeoを訪問。各大学・コースの合格基準、求める学生像、合格に結びつく出願書類、審査基準のポイントなど、貴重な情報の共有を行っています。
これまで、7,000名以上の方のイギリス大学・大学院留学をサポートしてきました。その合格率は99%です。
この大学、と決めている方も、自分に合う大学を探している方も、無料カウンセリングでぜひ一度ご相談ください。

グリンドゥール大学に出願済みの方へ

beoのサポートを利用せずに出願手続きされた方で、書類に不備がなかったか心配な方、その後の連絡がなく不安な方は、beoから学校側に問い合わせることも可能です。
お問い合わせフォームまたはお電話で、お気軽にお問い合わせください。

イギリス大学院&MBA留学説明会
はじめての留学
  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • 願書一括請求

イギリス留学のご相談はbeoへ

「イギリス留学にかかる費用はいくらぐらい?」「どんな大学があるの?」人によって疑問は様々。beoの無料留学相談で、経験豊富な留学カウンセラーにぜひご相談ください。小学生・中学生の留学から、高校留学、大学留学、大学院留学、語学留学もご相談いただけます。

アメリカ、カナダ、オーストラリアなどの留学情報は、留学コンシェルジュ beo(ビーイーオー)
ページ先頭へ