イギリス留学トップ > 留学プログラム紹介 > 学校紹介 > バーミンガム大学

バーミンガム大学 University of Birmingham

大学 大学院 英語(語学) サマースクール 学部短期・休学留学 大学院準備
バーミンガム大学写真

【バーミンガム大学 ロケーション】
イギリス>イングランド中央部>バーミンガム

バーミンガム大学 日本語サイトhttp://www.birmingham.jp/

【バーミンガム大学 注目のコース】
開発学/国際関係/アフリカ研究

バーミンガム大学スタッフからのメッセージ

バーミンガム大学スタッフ

はじめまして、バーミンガム大学のJugjit Cheemaと申します。バーミンガム大学は、日本人留学生をいつでも大歓迎しています。現在、100人の日本人学生がバーミンガム大学で学んでいます。本学は、2008年の英国リサーチ大学のランキング(RAE)で第12位、2009年のタイムズ紙による世界のトップ大学ランキングでは第66位と評価されています。学部課程でも、修士課程でも、ビジネス、国際研究、国際開発、教育、英語、言語学、社会科学、法など、コース専攻には幅広い選択肢があります。バーーミンガムはイギリスで2番目に広い都市。キャンパスは美しい250エーカーの緑を誇る、安全でフレンドリーな環境。バーミングハン国際空港から30分です。

Mr Jugjit Cheema / International Relations

Birmingham大学は日本からの留学生を喜んでお迎えします。
当大学最初の日本人留学生が1906年に卒業して以来、148人の日本からの学生が、学部短期留学(JYA)プログラムや、学士・修士獲得を目的としたプログラムで学んでいます。とくに人気のあるプログラムには、国際関係学、国際開発学、英語教授法、教育学やビジネスなどがあります。メッセージ全文を読む

Ms Vivian Wu / Regional Manager, East Asia

バーミンガム大学の特徴

バーミンガム大学は、にぎやかな国際都市であるバーミンガムにキャンパスを構え、1年に9000名以上の新入生を迎える大規模大学です。バーミンガム大学のコースの数は学部で500、大学院で320にものぼります。バーミンガム大学は学生の数やコースの豊富さだけでなく、バーミンガム大学が誇れるものはその研究実績です。バーミンガム大学のRAEの研究水準評価では、イギリス国内で5位、また7つの分野で最高の6*のランクを得ています。バーミンガム大学では留学生も4000名と多く、無料の英語コース、ソーシャル・プログラムなど留学生のサポート体制も充実しています。

さらに詳しく(バーミンガム大学日本語ホームページを見る)

バーミンガム大学の注目のコース

MBA

バーミンガム大学のビジネススクールは創立1902年とイングランド内最古の歴史を持ちます。国内外で高い評価を得ているバーミンガム大学のMBAは、2009年Financial Times Global Top 100で学位取得前後の給与や学生の国際性などの分野でも上位に位置づけられました。国際ビジネスや金融&バンキング、資材調達管理など専門性の高いコース編成を実現し、これまでのキャリアを活かしてその後に直接繋がる実践的なスキルの強化に 重点を置いています。MBA開始前の準備段階として、またそれ自体独立した資格となるGraduate Diploma in Business Administrationを開講しているのもバーミンガムのユニークな点です。フルタイムでの開講のあるコースは以下になります。

MBA International Business/ MBA (Global Banking and Finance)/ Bilingual European MBA/ MBA (Strategy and Procurement Management)/ Graduate Diploma in Business Administration

開発学

バーミンガム大学の国際開発学部(International Development Department)は国連や世界銀行をはじめ世界的な機関からの依頼によるリサーチやコンサルタント・プロジェクトを実施しており、教授陣も常にその分野の最新の情報を提供し続けています。学生の将来のキャリアに直接つながるような実践的なスキルの獲得に重点を置いたコース構成となっています。バーミンガム大学のこのコースでは、開発途上国へのスタディ・トリップがコースに含まれているのも大きな魅力です。バーミンガム大学開発系の(通信コースは除く)修士課程の提供コースは以下になります。

Decentralised Governance and Development (International)/Governance and Development Management (International)/Poverty Reduction and Development Management (International)/Rural Development (International)/ International Health Management and Development/Public Economic Management and Finance/Urban Governance for Development (International)

国際関係

バーミンガム大学の政治科学・国際関係学部は、職業性を重視した様々なコースを提供しています。バーミンガム大学の学生は、国際関係を一般的・学際的に学ぶことも、一つの分野に特化して専門的に学ぶことも可能です。NATOやEUへのスタディ・トリップを計画したり、著名なスピーカーを招き講義を依頼したりして、常に最新の情報に触れることのできるようにしています。バーミンガム大学国際下院家の修士課程の提供コースは以下のようなものになります。

International Studies (European Political Economy )/International Studies (General)/International Studies (Globalisation and Governance)/International Studies (International Economic Management)/International Studies (International Peacekeeping)/International Studies (International Political Economy)/International Studies (International Relations Theory)/International Studies (Research Methods)/ International Studies (Security)/International Studies (Contemporary Asia Pacific)/International Studies (Diplomacy)/International Studies (European Integration) MA/Diploma

アフリカ研究

バーミンガム大学のアフリカ研究コースは、世界で唯一の西アフリカ研究センターの下で行われています。バーミンガム大学では特に現代のアフリカに焦点をあて、社会、文化、政治、経済など多角的な視点を通し、現代のアフリカを考察していきます。

英語教授法・応用言語学(教授経験必要なし)

バーミンガム大学の英語学研究科(Centre for English Language Studies)は、様々な国籍をもつ多くの留学生がキャンパスや遠距離学習を通じて学び合う国際色豊かな大学院です。大学が所蔵する膨大な言語資料や、英文学科で近代英語の教鞭を執る教授陣との共同研究などによって、各学生の英語研究に最適な環境と多様な可能性を提供し続けています。教授経験を必要としない英語教授法と応用言語学の修士課程では、プロジェクトの参加に基づき、基礎や理論を実践的に応用するスキルを身につける授業を展開しています。なお、いずれの修士課程もコープスへの入門課程となっており、英語学への更なる専門知識を深めることができます。

ファウンデーション・コース

バーミンガム大学は、同大学や他のイギリスのトップ大学への進学ルートとなるファウンデーションコースを提供する「バーミンガム・ファウンデーション・アカデミー」を開設しました。ファウンデーション・コースは大学キャンパス内で開講され、プログラムの3分の2は学部課程で学びたい専門分野のモジュールで構成されています。詳しくは Birmingham Foundation Academy (英語) をご覧ください。

さらに詳しく(バーミンガム大学日本語ホームページを見る)

バーミンガム大学で学べる分野

人文科学

  • 文学・文化・歴史
  • 言語学・通訳・翻訳
  • その他人文科学

教育

  • 教育・TESOL

芸術・表現

  • アート&デザイン
  • 音楽
  • その他芸術・表現

社会科学

  • 経済
  • 経営・ビジネス
  • 法律
  • 開発・平和
  • 国際関係・政治
  • メディア・ジャーナリズム
  • 心理学
  • その他社会科学

理工

  • 建築・都市計画
  • 理学
  • 工学
  • IT/コンピューター
  • 環境
  • その他理工

医学

  • 看護・医療・薬学

その他

  • 観光・ホスピタリティ
  • フード・飲食
  • 美容・セラピー・カウンセリング
  • スポーツ
  • フラワーアレンジメント・園芸
  • 秘書・事務
  • その他職業・専門

バーミンガム大学 留学体験談

バーミンガム大学で平和学を学ぶ 第9回 卒業式(Degree Congregation)

将来、平和構築や紛争解決の分野で活動したいと、留学を決意された福島さん。留学を終えて、振り返って体験談を寄せてくださいました。 前回でブログの執筆を終わらせるつもりでしたが、2014年12月11日に卒業式がありましたので、それについて、この場でお話しできればと思います。 ┃卒業式の出席の準備―出席予約・ガウンの予約・最終成績の確認―9月の中旬に修士論文を出した後は審査結果を待つ期間に入りますが、... 続きを読む

バーミンガム大学で平和学を学ぶ 第8回 就職活動(新卒向け)

将来、平和構築や紛争解決の分野で活動したいと、留学を決意された福島さん。留学を終えて、振り返って体験談を寄せてくださいました。 最後に新卒向けにはなりますが、大学院留学をした場合の就職活動について、お話しできればと思います。バーミンガム大学以外に進学する新卒の方向けの情報もあるかと思いますので、是非ともご一読ください。まず、ここで一言申し上げておきますが、大学院留学をしたからと言って、自分が望む... 続きを読む

バーミンガム大学で平和学を学ぶ 第7回 留学中の英語サポート

将来、平和構築や紛争解決の分野で活動したいと、留学を決意された福島さん。留学を終えて、振り返って体験談を寄せてくださいました。 日本人留学生向けにバーミンガム大学で受けられる英語のサポートを紹介しておきます。バーミンガム大学にはEnglish for International Students Unit (EISU)が設置されており、留学生は様々なサポートを受けることができます。バーミンガム大... 続きを読む

バーミンガム大学のその他の留学体験談

バーミンガム大学 合格実績

バーミンガム大学の合格実績

海外大学・大学院合格実績
2016年 大学・大学院留学 出願受付中

大学スタッフ来日イベント

beoでは、現地大学スタッフの来日に合わせ、授業体験、ワークショップ、個別相談会を実施しています。
海外教育機関スタッフ来日イベント
イベントレビュー (過去に開催されたイベントの様子)

イギリス大学・大学院との強力なネットワークがbeoの強みです。

毎年100を超える教育機関がbeoを訪問。各大学・コースの合格基準、求める学生像、合格に結びつく出願書類、審査基準のポイントなど、貴重な情報の共有を行っています。
これまで、7,000名以上の方のイギリス大学・大学院留学をサポートしてきました。その合格率は99%です。
この大学、と決めている方も、自分に合う大学を探している方も、無料カウンセリングでぜひ一度ご相談ください。

バーミンガム大学に出願済みの方へ

beoのサポートを利用せずに出願手続きされた方で、書類に不備がなかったか心配な方、その後の連絡がなく不安な方は、beoから学校側に問い合わせることも可能です。
お問い合わせフォームまたはお電話で、お気軽にお問い合わせください。

大学・大学院留学フェア
はじめての留学
  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • 願書一括請求

イギリス留学のご相談はbeoへ

「イギリス留学にかかる費用はいくらぐらい?」「どんな大学があるの?」人によって疑問は様々。beoの無料留学相談で、経験豊富な留学カウンセラーにぜひご相談ください。小学生・中学生の留学から、高校留学、大学留学、大学院留学、語学留学もご相談いただけます。

ページ先頭へ