イギリス留学トップ > 留学プログラム紹介 > 学校紹介 > ブラッドフォード大学

ブラッドフォード大学 University of Bradford

大学 大学院 英語(語学) 学部短期・休学留学 大学準備 大学院準備

【ブラッドフォード大学 ロケーション】
イギリス>北部>ブラッドフォード

ブラッドフォード大学 日本語サイトhttp://www.bradford.jp/

【ブラッドフォード大学 注目のコース】
平和学(紛争解決、安全保障) /MBA/国際関係

ブラッドフォード大学スタッフからのメッセージ

ブラッドフォード大学では留学生に人気の映画学や、デジタル・メディア、クリエイティブ・テクノロジーなどのコースも取り揃えております。ブラッドフォード大学は、日本人留学生を積極的に受け入れており、日本人卒業生は、世界中で多くの貢献をしています。

Ms Cynthia Gault / Deputy Head of the International Office

David Francis

ブラッドフォード大学の平和学部は、アカデミックの平和と紛争研究において、もっとも大きな規模を誇っています。世界を変えたい!コミュニティを変えたい!平和のために何かしたい!貧困に苦しむ国で仕事がしたい!という方々のための、様々なプログラムを提供しています。さらに、世界中から集まる生徒は、紛争解決、平和学、国際関係論と安全保障学、開発学を学ぶだけでなく、アフリカへ渡り実体験を得る機会も与えられています。出願プロセスに関する質問があれば、ぜひbeoにお尋ねください。

Professor David Francis / Head, Department of Peace Studies/UNESCO Chair

ブラッドフォード大学の特徴

北イングランドに位置するブラッドフォード大学は、ヨーロッパ屈指の研究センターを有し、 世界的な評価を得ている平和学を筆頭に、定評のあるMBAプログラム、さらにはサイバネティクス(人口頭脳)や電子イメージ&メディア・コミュニケーションなど、新しい学問分野の開拓にも力を入れています。豊かな文化遺産とイギリス留学ならではの専門分野が特徴です。

さらに詳しく(ブラッドフォード大学日本語ホームページを見る

ブラッドフォード大学の注目のコース

平和学(紛争解決、安全保障)

ブラッドフォード大学の平和学部(Peace Studies Department)は、「平和と紛争」を研究する世界最大規模の専門機関です。 当学部は、政治家、国連職員、NGO職員を多く輩出している平和学の名門です。ブラッドフォード大学の平和学部は1990年に紛争解決センター、2002年新たに国際協力と安全保障センターを設立し、これ以降次々に新しいセンターを開設してきました。それらには(南アジアの戦略的安定性研究センターを含む)ブラッドフォード軍縮研究センター、アフリカ平和紛争研究センター、国際参画研究センター、南東ヨーロッパ研究センターがあります。

MBA

2005年Financial Times調査で、本学部のMBAプログラムが、イギリスで上位10位にランクイン。ヨーロッパでは18位、世界でも76位との評価を受けました。特に評価が高かったのが、「コスト・パフォーマンス(The Value for Money)」で、ハーバードやコロンビア、ロンドンビジネススクールなどの超有名校を抜いて、世界4位にランクインしています。また、オランダのNIMBAS Graduate School of Managementとの提携が認められて、国際性の高さでも高評価となっています。

国際関係

学生は全員、職業訓練および人格育成のモジュールを受講してもらいます。これは、社会に出た後でもキャリアを追求していく上でどこでも生かせる不可欠なスキルを身に付けてもらうことを目的としています。 コース構成が柔軟なので経済学のみ、または別の社会科学分野と併せて履修可能です。また、選択モジュールも自由に選ぶことができ、専門とする分野外の科目を取ることも可能です。

さらに詳しく(ブラッドフォード大学日本語ホームページを見る

ブラッドフォード大学で学べる分野

人文科学

  • 文学・文化・歴史
  • 言語学・通訳・翻訳
  • その他人文科学

教育

  • 教育・TESOL

芸術・表現

  • アート&デザイン
  • 音楽
  • その他芸術・表現

社会科学

  • 経済
  • 経営・ビジネス
  • 法律
  • 開発・平和
  • 国際関係・政治
  • メディア・ジャーナリズム
  • 心理学
  • その他社会科学

理工

  • 建築・都市計画
  • 理学
  • 工学
  • IT/コンピューター
  • 環境
  • その他理工

医学

  • 看護・医療・薬学

その他

  • 観光・ホスピタリティ
  • フード・飲食
  • 美容・セラピー・カウンセリング
  • スポーツ
  • フラワーアレンジメント・園芸
  • 秘書・事務
  • その他職業・専門

ブラッドフォード大学の学費・奨学金について

イギリスの大学の一般的な授業料は、学士課程は1年間で £12,000 ~ £15,000、修士課程は、文系 £12,000~/理系 £15,000~/MBA £20,000~ が目安となります。授業料は大学やコースにより異なります。また、毎年わずかに値上がりする傾向が続いています。

ブラッドフォード大学の難易度・偏差値

難易度: 普通
※学士課程の入学条件(学業要件)を目安に当社独自の判断で分類しています。(学業要件とは、英語スコアではなく、学業成績の条件のことです)

イギリスの大学に、日本の「偏差値」の考え方はありません。大学の入学審査は主に書類のみでおこなわれます(ポートフォリオや面談がある場合も)。重要なのは最終学歴の成績と、志望動機書(自己推薦文)です。加えて、入学条件の英語力を満たす必要があります。入学基準となる成績・英語力は、各大学のウェブサイトでコース情報のページや入学案内のページに記載されています。

修士課程の場合は、上記に加えて、職歴などのバックグラウンドも合格を左右するため、一概に大学の難易度だけで判断できません。まずは、beoの留学カウンセラーにご相談ください。留学カウンセリング予約

ブラッドフォード大学 留学体験談

ブラッドフォード大学院留学 ~紛争解決学を学んだ1年間~

2016年9月から、紛争解決学を学ぶため、ブラッドフォード大学の修士課程へ留学された小池さんに、帰国後、1年間の留学をどのように過ごされたのか振り返っていただきました。実はこの留学以前にもアメリカへ留学されていた小池さん。なぜイギリスを次の留学地に選ばれたのか、また、留学中の授業の様子や課題、クラスメイト、アカデミックスキル、ブラッドフォードでの生活など、小池さんの留学中の写真も併せて、これから留... 続きを読む

ブラッドフォード大学で紛争、安全保障、開発学を学ぶ 第5回 フィールドワーク&インターンシップ:国連インターンについて

2012年に、ブラッドフォード大学修士課程の開発学コースへ留学されたE.Y.さん。留学中の2013年2月にリベリアへStudy Visitに、2013年7月に南スーダンへフィールドワークに行かれています。修士論文提出後の2013年10月には、ニューヨークで国連のインターンシップをされました。今回は、ニューヨークでのインターンついてお届けします。 E.Y.さんの大学での年間スケジュールは、第1回の... 続きを読む

ブラッドフォード大学で紛争、安全保障、開発学を学ぶ 第4回 フィールドワーク&インターンシップ:南スーダンについて

2012年に、ブラッドフォード大学修士課程の開発学コースへ留学されたE.Y.さん。留学中の2013年2月にリベリアへStudy Visitに、2013年7月に南スーダンへフィールドワークに行かれています。修士論文提出後の2013年10月には、ニューヨークで国連のインターンシップをされました。今回は、南スーダンでのStudy Visitについてお届けします。 E.Y.さんの大学での年間スケジュール... 続きを読む

ブラッドフォード大学のその他の留学体験談

ブラッドフォード大学 合格実績

ブラッドフォード大学の合格実績

海外大学・大学院合格実績
2019年 大学・大学院留学 出願受付中

大学スタッフ来日イベント

beoでは、現地大学スタッフの来日に合わせ、授業体験、ワークショップ、個別相談会を実施しています。
海外教育機関スタッフ来日イベント
イベントレビュー (過去に開催されたイベントの様子)

イギリス大学・大学院との強力なネットワークがbeoの強みです。

毎年100を超える教育機関がbeoを訪問。各大学・コースの合格基準、求める学生像、合格に結びつく出願書類、審査基準のポイントなど、貴重な情報の共有を行っています。
これまで、7,000名以上の方のイギリス大学・大学院留学をサポートしてきました。その合格率は99%です。
この大学、と決めている方も、自分に合う大学を探している方も、無料カウンセリングでぜひ一度ご相談ください。

ブラッドフォード大学に出願済みの方へ

beoのサポートを利用せずに出願手続きされた方で、書類に不備がなかったか心配な方、その後の連絡がなく不安な方は、beoから学校側に問い合わせることも可能です。
お問い合わせフォームまたはお電話で、お気軽にお問い合わせください。

イギリス大学院&MBA留学説明会
はじめての留学
  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • 願書一括請求

イギリス留学のご相談はbeoへ

「イギリス留学にかかる費用はいくらぐらい?」「どんな大学があるの?」人によって疑問は様々。beoの無料留学相談で、経験豊富な留学カウンセラーにぜひご相談ください。小学生・中学生の留学から、高校留学、大学留学、大学院留学、語学留学もご相談いただけます。

アメリカ、カナダ、オーストラリアなどの留学情報は、留学コンシェルジュ beo(ビーイーオー)
ページ先頭へ