イギリス留学トップ > 留学プログラム紹介 > 学校紹介 > ベッドフォードシャー大学

ベッドフォードシャー大学 University of Bedfordshire

大学 大学院 専門 英語(語学) 学部短期・休学留学 大学準備 大学院準備

【ベッドフォードシャー大学 ロケーション】
イギリス>イングランド東部>ベッドフォードシャー

【ベッドフォードシャー大学 注目のコース】
インターナショナル・ファウンデーションコース/メディア・プロダクション/フットボール・スタディーズ

ベッドフォードシャー大学の特徴

ベッドフォードシャー大学は、2006年にルートン大学とデ・モントフォート大学のベッドフォードキャンパスの合併により誕生した大学です。ベッドフォードシャー第1、第2の町ルートンとベッドフォードにキャンパスを構えます。ロンドンの北に位置しており、ロンドン中心部からルートンへは電車で約20分、ベッドフォードへは約40分の近さです。大学創設以来、ユニバーシティ・オブ・ザ・イヤー第2位をはじめ、数々のタイトルや賞を獲得しています。特にメディアやスポーツ関連のコースが高い評価を得るようになりました。新たにキャンパス内の学生寮も整えられ、今後学生の満足度もさらにアップすることが見込まれています。

さらに詳しく(ベッドフォードシャー大学ホームページを見る(英語))

ベッドフォードシャー大学の注目のコース

インターナショナル・ファウンデーションコース

ベッドフォードシャー大学のインターナショナル・ファウンデーションプログラムは、当大学の学部課程または大学院課程に進学希望の学生を対象とした準備コースです。アカデミック英語やスタディスキルに加えて、全般的な英語力の向上を目指します。進学希望の分野によりクラス分けがされており、通常16~18名のクラス規模になっています。コース期間は各学生の英語レベルにより異なりますが、1年以上の進学準備期間が必要な方にはプレ・ファウンデーションコースも設けています。

メディア・プロダクション

メディア・プロダクションコースでは、どのようにメディア作品が創り出され、またその過程に社会的、文化的要因がどのように影響を及ぼすのかを考察します。これには、相当数の実践作業をこなし、自分自身や他の学生の作品を批判的に見ることが必要となります。予算や時間の管理といった実用スキルも併せて学ぶことで、高品質の作品を予算内に時間通りに仕上げることができるようになります。最先端のメディア施設をそろえており、当産業が集中するロンドンから程近いロケーションも利点です。

フットボール・スタディーズ

英国でのフットボール(サッカー)は、人気スポーツの枠に留まらず、数十億ポンド相当の市場であり、最も重要な社会的、文化的現象の1つでもあります。ベッドフォードシャー大学のフットボール・スタディーズコースでは、集学的な学位(学士課程)プログラムとしてフットボールの科学、マネージメント、コーチング、社会学等を学びます。英国ならではコースと言えるでしょう。

さらに詳しく(ベッドフォードシャー大学ホームページを見る(英語))

ベッドフォードシャー大学で学べる分野

人文科学

  • 文学・文化・歴史
  • 言語学・通訳・翻訳
  • その他人文科学

教育

  • 教育・TESOL

芸術・表現

  • アート&デザイン
  • 音楽
  • その他芸術・表現

社会科学

  • 経済
  • 経営・ビジネス
  • 法律
  • 開発・平和
  • 国際関係・政治
  • メディア・ジャーナリズム
  • 心理学
  • その他社会科学

理工

  • 建築・都市計画
  • 理学
  • 工学
  • IT/コンピューター
  • 環境
  • その他理工

医学

  • 看護・医療・薬学

その他

  • 観光・ホスピタリティ
  • フード・飲食
  • 美容・セラピー・カウンセリング
  • スポーツ
  • フラワーアレンジメント・園芸
  • 秘書・事務
  • その他職業・専門

ベッドフォードシャー大学の学費・奨学金について

イギリスの大学の一般的な授業料は、学士課程は1年間で £12,000 ~ £15,000、修士課程は、文系 £12,000~/理系 £15,000~/MBA £20,000~ が目安となります。授業料は大学やコースにより異なります。また、毎年わずかに値上がりする傾向が続いています。

ベッドフォードシャー大学の難易度・偏差値

難易度: 易しい
※学士課程の入学条件(学業要件)を目安に当社独自の判断で分類しています。(学業要件とは、英語スコアではなく、学業成績の条件のことです)

イギリスの大学に、日本の「偏差値」の考え方はありません。大学の入学審査は主に書類のみでおこなわれます(ポートフォリオや面談がある場合も)。重要なのは最終学歴の成績と、志望動機書(自己推薦文)です。加えて、入学条件の英語力を満たす必要があります。入学基準となる成績・英語力は、各大学のウェブサイトでコース情報のページや入学案内のページに記載されています。

修士課程の場合は、上記に加えて、職歴などのバックグラウンドも合格を左右するため、一概に大学の難易度だけで判断できません。まずは、beoの留学カウンセラーにご相談ください。留学カウンセリング予約

ベッドフォードシャー大学 合格実績

ベッドフォードシャー大学の合格実績

海外大学・大学院合格実績
2019年 大学・大学院留学 出願受付中

大学スタッフ来日イベント

beoでは、現地大学スタッフの来日に合わせ、授業体験、ワークショップ、個別相談会を実施しています。
海外教育機関スタッフ来日イベント
イベントレビュー (過去に開催されたイベントの様子)

イギリス大学・大学院との強力なネットワークがbeoの強みです。

毎年100を超える教育機関がbeoを訪問。各大学・コースの合格基準、求める学生像、合格に結びつく出願書類、審査基準のポイントなど、貴重な情報の共有を行っています。
これまで、7,000名以上の方のイギリス大学・大学院留学をサポートしてきました。その合格率は99%です。
この大学、と決めている方も、自分に合う大学を探している方も、無料カウンセリングでぜひ一度ご相談ください。

ベッドフォードシャー大学に出願済みの方へ

beoのサポートを利用せずに出願手続きされた方で、書類に不備がなかったか心配な方、その後の連絡がなく不安な方は、beoから学校側に問い合わせることも可能です。
お問い合わせフォームまたはお電話で、お気軽にお問い合わせください。

イギリス大学院&MBA留学説明会
はじめての留学
  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • 願書一括請求

イギリス留学のご相談はbeoへ

「イギリス留学にかかる費用はいくらぐらい?」「どんな大学があるの?」人によって疑問は様々。beoの無料留学相談で、経験豊富な留学カウンセラーにぜひご相談ください。小学生・中学生の留学から、高校留学、大学留学、大学院留学、語学留学もご相談いただけます。

アメリカ、カナダ、オーストラリアなどの留学情報は、留学コンシェルジュ beo(ビーイーオー)
ページ先頭へ