イギリス留学トップ > 留学プログラム紹介 > 学校紹介 > オックスフォード大学

オックスフォード大学 University of Oxford

大学 大学院 英語(語学) 学部短期・休学留学 大学院準備
オックスフォード大学写真

【オックスフォード大学 ロケーション】
イギリス>イングランド中部>オックスフォード

【オックスフォード大学 注目のコース】
大学院進学準備コース/MBA /英語&文学 / 歴史・政治

オックスフォード大学の特徴

オックスフォード大学は、学術の卓越性で世界に知られる英国最古の大学です。市内に点在する38の独立自治カレッジと6のホール(学生寮)から構成されており、この総称をオックスフォード大学と呼んでいます。現在、世界138カ国から学生が集い、学部生の14%、大学院生の63%が留学生である国際性が魅力。また、チュートリアル(個人指導)が教育の中核であるきわめて珍しい大学です。担当教員と学生1~2名とが活発な意見の交換を行うことで、より個人的かつ効果的な学びが可能となります。教員陣は各分野において国際的に著名な専門家集団であり、図書館をはじめとする学習施設やスポーツ施設は無類の質の高さを誇ります。

さらに詳しく(オックスフォード大学ホームページを見る(英語))

オックスフォード大学の注目のコース

大学院進学準備コース Advanced Diploma in British and European Studies

英国トップ大学を目指す方のための大学院進学準備コース。コース修了時の英語レベルはIELTS 8.0以上。修了生はRussel Group(ラッセルグループ)*の大学に進学しています。コースは下記3つの要素で構成されています.

  1. Pre-sessional Course
  2. Academic Module
  3. English Language Module

Academic Module では、ヨーロッパ政治・社会関連のセミナーに参加。毎タームでエッセー執筆が課されます。セミナーといっても、最大15人の少人数クラスです。 English Language Module では、アカデミック英語からスタディスキルまで、英語力を大幅に引き上げるための勉強をします。クラスは最大8人とさらに少人数に。学生は常に personal language portfolioをつけ、1年を通して英語力がどのように伸びているか記録するとともに自分自身で掲げた目標を再確認します。

大学院進学準備コース Foundations of Diplomacy

Foundations of Diplomacy はより実践的な大学院進学準備コースで、外交・国際関係の舞台で求められる知識と英語力、スキルを身につけるためのコース内容になっています。将来、政府・国際機関で働きたいと考えている方や、すでにそのような機関で働いている方が企業から派遣されて同コースを受講しています。

コースは下記3つの要素で構成されています。

  1. Academic Module(Diplomacy & International Relations)
  2. English Language Module

Academic Module では、外交・国際関係関連のセミナーに参加。講師には元外交官もいます。さらに、ロンドンまで外務省や大使館へのstudy visit も組み込まれています。English Language Module では、メディアへの回答の仕方、各国の代表者を前に効果的なプレゼンテーションを行うための手法など、外交・国際関係の舞台で使われる英語に特化して学 び、実践的なスキルを養うことができます。

MBA

1年間を要するオックスフォード大学のMBAプログラムは、サイード・ビジネススクールで提供されています。ここはヨーロッパ内で最も新しいビジネススクールの1つであり、次世代のビジネスリーダーや企業家の育成に力を注いでいます。ビジネス界だけではなく、ビジネスとより広い世界とのつながりに着目した研究を行っています。様々なバックグランドを持つ優秀な学生が世界中から集っているので、ここで出会う学友は将来貴重なビジネスコンタクトとなることでしょう。

英語&文学

英語&文学コースは、アングロ・サクソン時代から今世紀までの英文学を幅広く学ぶ機会を提供しています。ここでは、賢明な鑑賞術を習得するだけではなく、文学作品をより広範な知的、歴史的背景の中で読み解く力を身に付けます。オックスフォード大学の英語学部は英国最大の規模を誇り、各カレッジには専門家である教員が少なくとも2名在籍しています。この教員はチュートリアルを担当するほかに、カレッジの別を超えて英語専攻の全学生を対象に講義を行うので、学生は様々な専門家の教えを享受することができます。

歴史・政治

オックスフォード大学の歴史・政治コースでは、歴史的見解を踏まえて現代の政治課題を考察するだけではなく、逆に政治学の厳密な分析法を用いて歴史に挑み学びます。オックスフォード特有の点は、例えば中世史と、現代政治システムの分析といった異なる類の専門を組み合わせることができる幅広い選択肢を提供し、学際的なアプローチを用いているところです。当コースでは、ジャーナリズムやメディア、司書、学芸員、出版、ソーシャルワーク、教職といったありとあらゆるキャリアに対応する力を身に付けることができるでしょう

さらに詳しく(オックスフォード大学ホームページを見る(英語))

オックスフォード大学で学べる分野

人文科学

  • 文学・文化・歴史
  • 言語学・通訳・翻訳
  • その他人文科学

教育

  • 教育・TESOL

芸術・表現

  • アート&デザイン
  • 音楽
  • その他芸術・表現

社会科学

  • 経済
  • 経営・ビジネス
  • 法律
  • 開発・平和
  • 国際関係・政治
  • メディア・ジャーナリズム
  • 心理学
  • その他社会科学

理工

  • 建築・都市計画
  • 理学
  • 工学
  • IT/コンピューター
  • 環境
  • その他理工

医学

  • 看護・医療・薬学

その他

  • 観光・ホスピタリティ
  • フード・飲食
  • 美容・セラピー・カウンセリング
  • スポーツ
  • フラワーアレンジメント・園芸
  • 秘書・事務
  • その他職業・専門

オックスフォード大学の学費・奨学金について

イギリスの大学(学士課程)の一般的な授業料は、1年間で £12,000 ~ £15,000 です。修士課程は、文系 £12,000~/理系 £15,000~/MBA £20,000~ が目安となります。授業料は大学やコースにより異なります。また、毎年わずかに値上がりする傾向が続いています。

オックスフォード大学の難易度・偏差値について

イギリスの大学に、日本の「偏差値」の考え方はありません。大学の入学審査は主に書類のみでおこなわれます(ポートフォリオや面談がある場合も)。重要なのは最終学歴の成績と、志望動機書(自己推薦文)です。加えて、入学条件の英語力を満たす必要があります。入学基準となる成績・英語力は、各大学のウェブサイトでコース情報のページや入学案内のページに記載されています。

修士課程の場合は、上記に加えて、職歴などのバックグラウンドも合格を左右するため、一概に大学の難易度だけで判断できません。まずは、beoの留学カウンセラーにご相談ください。留学カウンセリング予約

オックスフォード大学 合格実績

オックスフォード大学の合格実績

海外大学・大学院合格実績
2017年 大学・大学院留学 出願受付中

大学スタッフ来日イベント

beoでは、現地大学スタッフの来日に合わせ、授業体験、ワークショップ、個別相談会を実施しています。
海外教育機関スタッフ来日イベント
イベントレビュー (過去に開催されたイベントの様子)

イギリス大学・大学院との強力なネットワークがbeoの強みです。

毎年100を超える教育機関がbeoを訪問。各大学・コースの合格基準、求める学生像、合格に結びつく出願書類、審査基準のポイントなど、貴重な情報の共有を行っています。
これまで、7,000名以上の方のイギリス大学・大学院留学をサポートしてきました。その合格率は99%です。
この大学、と決めている方も、自分に合う大学を探している方も、無料カウンセリングでぜひ一度ご相談ください。

はじめての留学
  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • 願書一括請求

イギリス留学のご相談はbeoへ

「イギリス留学にかかる費用はいくらぐらい?」「どんな大学があるの?」人によって疑問は様々。beoの無料留学相談で、経験豊富な留学カウンセラーにぜひご相談ください。小学生・中学生の留学から、高校留学、大学留学、大学院留学、語学留学もご相談いただけます。

ページ先頭へ