イギリス留学トップ > 留学プログラム紹介 > 学校紹介 > ロバート・ゴードン大学

ロバート・ゴードン大学 The Robert Gordon University

大学 大学院 専門 英語(語学) 学部短期・休学留学 大学準備 大学院準備

【ロバート・ゴードン大学 ロケーション】
イギリス>スコットランド>アバディーン

【ロバート・ゴードン大学 注目のコース】
インテリア建築 / MBA / デジタル・メディア

ロバート・ゴードン大学の特徴

ロバート・ゴードン大学は、学士課程から博士課程まで質の高い教育を提供することで国際的に定評のある大学です。ロバート・ゴードン大学で専攻することのできる幅広い教科は全て最新の設備で教えられ、アカデミックな勉強と実用的な実習をバランスよく取り入れることで、学生にとって効率的になるように設定されています。その為、ロバート・ゴードン大学は、政府機関・研究機関や一般企業などの実社会とつながったプログラムの提供をしています。ロバート・ゴードン大学のキャンパスのあるアバディーンはスコットランドで3番目に大きな都市で、少し足を伸ばせば、雪がかった景色が美しく山登りやスキーを楽しめるケアンゴーム山にも簡単にアクセスすることができます。

さらに詳しく(ロバート・ゴードン大学ホームページを見る(英語))

ロバート・ゴードン大学の注目のコース

インテリア建築

ロバート・ゴードン大学のインテリア建築コースは、RIBA(英国王立建築学会)から正式認可を受けています。ロバート・ゴードン大学のインテリア建築コースは、快適な住居の創造、住みよい社会作りへの貢献、文化の多様性を生かした街づくりを担う優秀な人材育成を目的としています。建築の歴史や理論を学んだ上で実践的なスキルを身につけていきます。インテリア建築コースの卒業生の多くが自分の建築デザイン事務所を開業するか、あるいは国際的に有名な事務所で好待遇の職を得ています。

MBA

ロバート・ゴードン大学のMBAコースは、1999年にMBA協会から公式認定を受けて以来、イギリスにおける経営教育の担い手となっています。2007年のファイナンシャル・タイムズでは、国際標準のMBAコースとして第一級の評価を受けました。ロバート・ゴードン大学のMBAコースがこれほど高い評価を受けている理由としては、交換留学で学ぶサマースクール、2か月間のビジネス・シミュレーションや3か月間のインターンシップ、学生一人一人に提供されるノートパソコンを始めとした充実した教育設備などが挙げられます。

デジタル・メディア

ロバート・ゴードン大学のデジタル・メディアコースでは、ウェブサイトやコンピューターゲームに見られるようなデジタル製品のデザインを学びます。デジタル・メディアを学ぶ上で、ロバート・ゴードン大学はHESA(高等教育統計機関)から「ケンブリッジに次ぐトップクラスの大学」との評価を受けています。急激な勢いで展開しつつあるデジタル・メディア業界では、より柔軟性の高いスキルを持ったデザイナーが求められています。ロバート・ゴードン大学のデジタル・メディアコースでは時代のニーズに合ったデザイナーを養成することで、卒業生たちの職業選択の幅を広げています。

さらに詳しく(ロバート・ゴードン大学ホームページを見る(英語))

ロバート・ゴードン大学で学べる分野

人文科学

  • 文学・文化・歴史
  • 言語学・通訳・翻訳
  • その他人文科学

教育

  • 教育・TESOL

芸術・表現

  • アート&デザイン
  • 音楽
  • その他芸術・表現

社会科学

  • 経済
  • 経営・ビジネス
  • 法律
  • 開発・平和
  • 国際関係・政治
  • メディア・ジャーナリズム
  • 心理学
  • その他社会科学

理工

  • 建築・都市計画
  • 理学
  • 工学
  • IT/コンピューター
  • 環境
  • その他理工

医学

  • 看護・医療・薬学

その他

  • 観光・ホスピタリティ
  • フード・飲食
  • 美容・セラピー・カウンセリング
  • スポーツ
  • フラワーアレンジメント・園芸
  • 秘書・事務
  • その他職業・専門

ロバート・ゴードン大学の学費・奨学金について

イギリスの大学の一般的な授業料は、学士課程は1年間で £12,000 ~ £15,000、修士課程は、文系 £12,000~/理系 £15,000~/MBA £20,000~ が目安となります。授業料は大学やコースにより異なります。また、毎年わずかに値上がりする傾向が続いています。

ロバート・ゴードン大学の難易度・偏差値

難易度: 普通
※学士課程の入学条件(学業要件)を目安に当社独自の判断で分類しています。(学業要件とは、英語スコアではなく、学業成績の条件のことです)

イギリスの大学に、日本の「偏差値」の考え方はありません。大学の入学審査は主に書類のみでおこなわれます(ポートフォリオや面談がある場合も)。重要なのは最終学歴の成績と、志望動機書(自己推薦文)です。加えて、入学条件の英語力を満たす必要があります。入学基準となる成績・英語力は、各大学のウェブサイトでコース情報のページや入学案内のページに記載されています。

修士課程の場合は、上記に加えて、職歴などのバックグラウンドも合格を左右するため、一概に大学の難易度だけで判断できません。まずは、beoの留学カウンセラーにご相談ください。留学カウンセリング予約

ロバート・ゴードン大学 合格実績

ロバート・ゴードン大学の合格実績

海外大学・大学院合格実績
2019年 大学・大学院留学 出願受付中

大学スタッフ来日イベント

beoでは、現地大学スタッフの来日に合わせ、授業体験、ワークショップ、個別相談会を実施しています。
海外教育機関スタッフ来日イベント
イベントレビュー (過去に開催されたイベントの様子)

イギリス大学・大学院との強力なネットワークがbeoの強みです。

毎年100を超える教育機関がbeoを訪問。各大学・コースの合格基準、求める学生像、合格に結びつく出願書類、審査基準のポイントなど、貴重な情報の共有を行っています。
これまで、7,000名以上の方のイギリス大学・大学院留学をサポートしてきました。その合格率は99%です。
この大学、と決めている方も、自分に合う大学を探している方も、無料カウンセリングでぜひ一度ご相談ください。

ロバート・ゴードン大学に出願済みの方へ

beoのサポートを利用せずに出願手続きされた方で、書類に不備がなかったか心配な方、その後の連絡がなく不安な方は、beoから学校側に問い合わせることも可能です。
お問い合わせフォームまたはお電話で、お気軽にお問い合わせください。

大学・大学院留学フェア
はじめての留学
  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • 願書一括請求

イギリス留学のご相談はbeoへ

「イギリス留学にかかる費用はいくらぐらい?」「どんな大学があるの?」人によって疑問は様々。beoの無料留学相談で、経験豊富な留学カウンセラーにぜひご相談ください。小学生・中学生の留学から、高校留学、大学留学、大学院留学、語学留学もご相談いただけます。

アメリカ、カナダ、オーストラリアなどの留学情報は、留学コンシェルジュ beo(ビーイーオー)
ページ先頭へ