イギリス留学トップ > お知らせ一覧 > お知らせ詳細
お知らせ

お知らせ

2018.06.01

本日6月1日は「気象記念日」。世界トップレベルの「気象学」を提供するイギリスのレディング大学をご紹介!

20180601_news.jpg
世界でトップレベルの「気象学」を提供するレディング大学

本日、6月1日は日本の「気象記念日」。1875年に、現在の気象庁の前身である東京気象台が、初めて気象・地震の観測を東京にて始めました。また、初めての天気予報が出されたのも1884年のこの日でした。
今では当たり前になっている「天気予報」も、こうした始まりがあったのですね。

海外でも「気象学」を学べる学校はありますが、実は専門的な分野がゆえ、数はあまり多くありません。その中でも、昨年の Center for World University Rankings by Subject 2017 という分野ごとにフォーカスした世界ランキングで、気象学部 Meteorology がトップにランクインした、イギリスのレディング大学 University of  Reading をご紹介します。

■レディング大学 University of Reading

レディング大学は、イギリスのロンドン西部にあるレッド・ブリック(赤レンガ)大学と呼ばれる大学のひとつです。ロンドンから電車で25分と、交通の便も良い立地に4つのキャンパスを持っています。
その教育の質や価値のある研究成果は、世界中から高評価を得ており、リサーチを重要視する大学としてはイギリス国内トップ10の中の1校で、世界的にはトップ200大学の中の1校にランクインしています。
Queen's Award for Export Achievement を大学として初めて受賞したもの同校です。
現在在校生は1万3,000人以上、その中で約4,000人の留学生が学んでいます。

■気象学部 Meteorology

Center for World University Rankings by Subject 2017 で世界第2位を記録した同学部。このランキングでは、研究論文の数に基づいて、科学と社会科学に関する227のテーマで世界トップクラスの大学を紹介しています。

レディング大学の気象学部は、学部短期(Study Abroad)・学士・修士・博士課程のコースを提供し、自然環境における問題を解決するために、天候、気候、大気科学、宇宙物理学、海洋学、水文学、再生可能エネルギー、地球観測などのサブジェクトを日々研究しています。

<コース一例> ※例は修士課程です
  • MSc Atmosphere, Ocean and Climate
  • MSc Applied Meteorology
  • MSc Applied Meteorology and Climate with Management など
世界規模の気象に関する学術的理解を深める「気象学」を、世界トップレベルのレディング大学で学んでみませんか?

★現地留学生のインタビュー動画も掲載中!

★beo では、レディング大学、また、イギリストップ校への進学サポートを行っています。
留学をお考えの方は、お問い合わせフォーム、または下記お電話よりお気軽にご相談ください。
電話: 03-5367-3315(東京オフィス) / 06-6371-1116(大阪オフィス)

戻る
大阪 06-6371-1116
東京 03-5367-3315
プロに直接相談!無料カウンセリングまずは情報収集 資料請求
  • beoを選ぶ理由
  • サポートの流れ
  • よくあるご質問
  • イベント/セミナー情報
イギリス大学院&MBA留学説明会
はじめての留学
  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • 願書一括請求

イギリス留学のご相談はbeoへ

「イギリス留学にかかる費用はいくらぐらい?」「どんな大学があるの?」人によって疑問は様々。beoの無料留学相談で、経験豊富な留学カウンセラーにぜひご相談ください。小学生・中学生の留学から、高校留学、大学留学、大学院留学、語学留学もご相談いただけます。

アメリカ、カナダ、オーストラリアなどの留学情報は、留学コンシェルジュ beo(ビーイーオー)
ページ先頭へ