イギリス留学トップ > イギリス留学ガイド > イギリスの都市情報 > サウサンプトン 都市情報
留学プログラム紹介

サウサンプトン 都市情報

「タイタニック」の母港から学術都市へ転身を遂げた街、サウサンプトン

サウサンプトンSouthamptonはイギリス南部にある地方都市です。
クルーズ客船の母港ともなっている港湾都市で、かつては港町として栄えました。
映画でもお馴染みの「タイタニック」号もサウサンプトンの専用埠頭オーシャンドックからニューヨークに出航しています。
近年では、港湾都市としての役割が縮小し沿岸部が再開発されて商業も発展、ロンドンから1時間あまりという地の利もあり、学術都市として注目されています。

なかでもサウサンプトン大学は、イギリスでも有数の研究主導型大学としてイギリス国内外から高く評価されており、大規模研究型大学グループ「ラッセルグループ」に所属。
` 港湾都市の伝統から、船舶科学、航空学、電子工学、コンピューターサイエンス、電気工学等の工学系分野で抜きん出た業績をあげているほか、医学でも有名で、サウサンプトン大学病院などで形成されるサウサンプトン大学病院NHSトラストはハンプシャー南西部全域およびイングランド南部に専門医療を提供、地域に貢献しています。

外国人向けの語学学校には、サウサンプトン・ランゲージ・カレッジSouthampton Language College、ルイス・スクール・オブ・イングリッシュLewis School of Englishなどがあり、英語学習の環境も整っています。
サウサンプトン・ランゲージ・カレッジは、市の中心部であるサウサンプトン中央駅やショッピングセンターに近い利便性の高い学校です。世界中からあらゆるレベルの英語学習者が集うため国際性も豊かで、交流プログラムも豊富です。
ルイス・スクール・オブ・イングリッシュは小規模の語学学校ですが、教員養成コースを設けるなど、独自のプログラムを提供しています。

歴史

13世紀のサウサンプトンはすでに主要な港湾都市として発展。
当時のサウサンプトンを支えていたのは織物で、フランスワインとの取引で栄えていました。
17世紀の内戦時には議会派が進駐し、この頃から造船業が発達し主産業となります。
さらに、18世紀には軍港としても活躍。1856年にネットレイ病院ができてからは戦争負傷者や捕虜の受け入れ地となりました。第二次大戦時には空襲による被害も受けましたが、その後も軍事拠点として持ちこたえました。

造船の町サウサンプトンを語るうえで忘れられないのが、「タイタニック」。
レオナルド・ディカプリオ主演の映画としてもお馴染みですが、タイタニックが出港したのがサウサンプトンの港です。そのほか、クイーン・エリザベス号やクイーン・メリー号などの名高い客船もサウサンプトン港を母港としていました。

戦後のサウサンプトンは徐々に港湾都市としての役割を終え、学術都市として発展していきます。
その象徴であるサウサンプトン大学は1862年に建設され、1952年に国立大学となりました。それとともに都市としても成熟し、1964年にはシティに格上げされています。
交通の要所だった港湾都市から学術都市へと華麗な転進を遂げた街と言えるでしょう。

面積と人口

サウサンプトンの総面積は51.47平方キロメートル。総人口は2007年時点で252,129人です。学術都市とあって、学生や若年層人口の割合が高いのが特徴です。

気候

サウサンプトンは年間を通して温暖な気候で、年間平均気温は11.4℃、真夏になると平均22℃程度で、冬場も0℃をきることはほとんどありません。暑さ、寒さに関しては、大変過ごしやすい気候と言えるでしょう。

交通

かつて港湾都市だったこともあり、サウサンプトンはロンドンからの交通も便利です。
電車ならおよそ1時間半でロンドンに到着します。主要港だけに、車でのアクセスも便利で、南イングランドを結ぶM27モーターウェイ、ロンドン直行のM3モーターウェイなどが走っています。
空港は市の北部にあり、ロンドンからのフライトなら2時間ほど。そのほか、ヨーロッパ各地にも運行しています。
港からはクルーズ船がでていますので、かつての港町の栄華を楽しめます。市内の移動はバスが便利です。

物価

サウサンプトンは学術都市だけに、学生や若い世代にとって暮らしやすい街といえるでしょう。
ロンドンに比べると物価は全体的に低く、シェアフラットの場合、月300~400ポンド程度で部屋を借りることができます。また、食費や交通費が安いうえに、バーやパブ、クラブといった独身者向けの施設も整っています。

店舗・商業施設

サウサンプトンでショッピングを楽しむなら、ウエスト・キーWest Quayショッピングセンターに行きましょう。
イギリスでも有数の大規模なショッピングセンターですので、どんなものでも揃っています。
そのほか、Bargate Centre(バーゲート・センター)、East Street Centre(イースト・ストリート・センター)などの専門店街も買い物や飲食を楽しめる場所です。

代表的な観光地

■Tudor-House-And-Garden(チューダーハウスアンドガーデン)

サウサンプトンの豊かな歴史を知りたいなら、まず訪れたいのがチューダー ハウスアンドガーデン。 その名の通り、チューダー王朝期の庭園を楽しめるほか、博物館では、ノルマン朝、チューダー朝の生活について知ることができます。「トレードルーム」には、改装工事の際に発見された16世紀の落書きが開示されているなど、興味深い展示がたくさん。ぜひ一度訪れておきたいスポットです。バス停が近いので交通も便利ですし、旧市街の雰囲気を満喫できます。

■Sea City Museum(シーシティミュージアム)

港町サウサンプトンを知るにはシーシティミュージアムがおすすめです。
サウサンプトンから旅立って戻ることのなかった、タイタニック号の出港100周年にあたる2012年にオープンした海の博物館です。タイタニック号に関する常設展示コーナーのほか、港湾都市サウサンプトンの歴史を紐解ける展示が満載。サウサンプトンの街が英国史、ヨーロッパ史のなかで果たした役割について学ぶことができます。

■Mayflower Theatre(メイフラワーシアター)

サウサンプトンで舞台を楽しむなら、メイフラワーシアターがおすすめです。 本場ロンドンの出し物も見られる本格的な劇場ですが、マジックや大道芸といった大衆向け、子供向けのプログラムも常時提供され、世代問わず楽しめる劇場となっています。 市の中心街にあり交通の便も良く、近くにはサウサンプトン市立美術館などもありますので、文化的な1日を楽しみたいときに訪れたい場所です。

サウサンプトンなどイギリスへのご留学について、お気軽にご相談ください。 大学・大学院留学は無料サポートをご利用いただけます。

東京 03-5367-3315
大阪 06-6371-1116
プロに直接相談!無料カウンセリングまずは情報収集 資料請求
  • beoを選ぶ理由
  • サポートの流れ
  • よくあるご質問
  • イベント/セミナー情報
大学・大学院留学フェア
はじめての留学
  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • 願書一括請求

イギリス留学のご相談はbeoへ

「イギリス留学にかかる費用はいくらぐらい?」「どんな大学があるの?」人によって疑問は様々。beoの無料留学相談で、経験豊富な留学カウンセラーにぜひご相談ください。小学生・中学生の留学から、高校留学、大学留学、大学院留学、語学留学もご相談いただけます。

アメリカ、カナダ、オーストラリアなどの留学情報は、留学コンシェルジュ beo(ビーイーオー)
ページ先頭へ