イギリス留学トップ > イギリス留学ガイド > イギリスの都市情報 > リヴァプール 都市情報
留学プログラム紹介

リヴァプール 都市情報

世界的ロックバンド“ザ・ビートルズ”を生んだ街、リヴァプール

世界を代表する大都市ロンドンのユーストン駅から、列車で北西に進むこと約2時間半。
イングランド北西部マージー川河口付近に、伝説のロックバンド“ザ・ビートルズ”が生まれた湾岸都市リヴァプールがあります。
この世界遺産にも登録されている音楽と海の街には、クオリティイングリッシュ認定校『LILA』(L:リヴァプール I:インターナショナル L:ランゲージ A:アカデミー)という語学学校があります。
クオリティイングリッシュの認定を受けているため、定期的に学校の審査があり生徒の満足度チェックも実施。
そのため、英語教育の質が高く、なおかつリーズナブルな費用で通えると人気の学校です。
リヴァプールの中心にあるため交通の便が良く、学校帰りのショッピングや観光にも便利です。

もちろんリヴァプールには語学学校だけではありません。
リヴァプールの代表格と言えば、名門国立大学リヴァプール大学
リヴァプール大学には世界で最初に建築学科を創設したという歴史もありますが、建築学の他、医学や薬学等の分野においても世界最高水準の研究功績を築いていることで有名です。
その研究部門の強さは、なんと現在までに8名のノーベル賞受賞者を輩出しているほど。各分野の研究に精通した教授陣のもとで、最先端の学問を勉強できます。
学内には医師、看護師、歯科医もおり、すべての学生が医療施設を利用することが可能です。
リヴァプール大学には24時間利用できる図書館が2つあり、180万冊の蔵書、1万7千冊の電子ジャーナル、そしてヨーロッパ最大数のSF小説が納められています。
現在、約19,000人の学生が在籍しており、そのうちの約3,000人が100カ国以上から来た留学生です。

歴史

リヴァプールという地名を聞くと、水にまつわる「リバー(River)」と「プール(Pool)」を思い描く方もいらっしゃると思いますが、スペルは「Riverpool」ではなく「Liverpool」。
諸説ありますが、「Liver」は「半固体状になった」という意味の「Lifrig」、または「淀んだ水の」という意味のノルウェー語「Lifra」から由来しているのではないかと言われています。
「pool」はそのままの意味で「水溜まり」。
つまり「Lifrig(Lifra)」と「pool」で「濁った入江」というのがリヴァプールの語源とされているようです。

6世紀中頃まではまだ小さな港村だったリヴァプール。当時の人口は約600人程度だったと言われています。
しかし17世紀末にはイングランド北西部商業都市の代表格までのし上がり、製造業が成長、貿易が増大するにしたがって街は繁栄してきました。

第二次世界大戦が始まった1940年代後半から、貿易と産業が急速に衰退してしまい長期の不況に陥りましたが、1970年代には大規模な再建計画が始まり、現在は湾岸部の各種施設やビートルズゆかりの建物などを活用した観光に力を入れています。

面積と人口

リヴァプール市の面積は111.84平方キロメートル、総人口はイギリスで8番目の約46万人。

気候

リヴァプールは晴れ、曇り、雨が入り混じった天気になることが多く、年間平均気温は約10℃、年間平均最高気温は約14℃、年間平均最低気温は約6℃と、年間を通じて涼しい気候です。年間降水量は600mm以上、乾燥している時期でも雨がよく降ります。

交通

「Saveaway Ticket」というバスの乗り放題パスを使うと、1日何回バスに乗っても約3.70ポンド。
Saveaway Ticketでリヴァプール市内のどこへでも行くことができます。
例えば、中心部からリヴァプールFCの本拠地であるアンフィールドまで往復すると4ポンドになるため、このSaveaway Ticketを使う方がお得に観光することができます。

物価

世界中でも物価が高いと言われているイギリスですが、リヴァプールの物価は比較的安いと言われています。
ファストフードやタクシーの価格も日本とほぼ変わりません。一軒家を共同で借りるシェアハウスの場合は平均300ポンド、マンションなどの一室を共同で借りるシェアフラットでは平均500ポンドで住むことができます。

店舗・商業施設

街の北郊外に、サッカープレミアリーグのクラブチーム、リヴァプールFCの本拠地アンフィールドと、エバートンFCの本拠地グディソン・パークが建っています。双方は直線距離でわずか600mの距離。この辺りは試合日以外でもサッカーファンで賑っています。

また、ビートルズがデビュー前にライブをしていたキャバーンクラブでは、今でも多くのアーティストがライブを開催しています。リヴァプールではスポーツもエンターテインメントも楽しむことができます。

代表的な観光地

リヴァプール大聖堂

1904年に建築が始まり、1978年に完成したイギリス国内最大級の英国国教教会寺院。
内部は、国内で最も大きいアーチやパイプオルガン、そして四面を覆うステンドグラスが鮮やかに彩ります。
完成までに74年もの年月を要しただけあって、その美しさに圧倒されるはずです。

アルバートドック

タイタニック号が製造されたドック跡の周りに赤レンガ倉庫や海洋博物館、大観覧車などが並ぶ開放的なウォーターフロントの観光地です。街の象徴となるものが集まっているので、リヴァプールに来たらまずここ!というほど、定番の場所です。

ビートルズ・ストーリー

リヴァプールと言えばザ・ビートルズ。ビートルズ・ストーリーは、メンバーの生い立ちやポールとジョンの出会い、ビートルズの誕生、そして解散までの経緯など情報が盛りだくさんのミュージアムです。彼らの愛用品や再現されたスタジオが設営されていて、今にもビートルズのメンバーが出てきそうなビートルズファンにはたまらない場所です。

リヴァプール世界博物館

2011年にオープンしたミュージアム。入場無料でリヴァプールのすべてを知ることができます。
オープン時にはエリザベス女王を始めとした英国王室の方々も訪問されるほど注目を集めただけあって、展示の幅がとにかく広いです。子供から大人まで幅広い年代の人が楽しめるような空間で、ゆっくり楽しみながらリヴァプールのことを学べます。

リヴァプールなどイギリスへのご留学について、お気軽にご相談ください。 大学・大学院留学は無料サポートをご利用いただけます。

大阪 06-6371-1116
東京 03-5367-3315
プロに直接相談!無料カウンセリングまずは情報収集 資料請求
  • beoを選ぶ理由
  • サポートの流れ
  • よくあるご質問
  • イベント/セミナー情報
大学・大学院留学フェア
はじめての留学
  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • 願書一括請求

イギリス留学のご相談はbeoへ

「イギリス留学にかかる費用はいくらぐらい?」「どんな大学があるの?」人によって疑問は様々。beoの無料留学相談で、経験豊富な留学カウンセラーにぜひご相談ください。小学生・中学生の留学から、高校留学、大学留学、大学院留学、語学留学もご相談いただけます。

アメリカ、カナダ、オーストラリアなどの留学情報は、留学コンシェルジュ beo(ビーイーオー)
ページ先頭へ