イギリス留学トップ > イギリス留学ガイド > イギリスの都市情報 > グラスゴー 都市情報
留学プログラム紹介

グラスゴー 都市情報

まるで街中がギャラリー!デザイナーマッキントッシュの面影が宿る街、グラスゴー

ロンドンから飛行機で約1時間20分。スコットランド最大の街、グラスゴーは、あの有名デザイナーマッキントッシュが愛した街です。
グラスゴー大学のキャンパス内には彼のアトリエが再現されたギャラリーが併設されている他、いたるところにマッキントッシュの面影を宿しています。グラスゴー大学は500年以上の歴史を有する、英語圏で最も古いとされている大学の一つです。過去に数多くの著名人を輩出しており、日本人の記憶にも新しい朝の連続ドラマ小説「マッサン」のモデルになった竹鶴政孝氏もグラスゴー大学の卒業生です。ゴシック様式の校舎には学生のみならず、その美しい校舎を一目見ようと日々多くの観光客が訪れています。
大学周辺には商業施設が充実しており、学生向けのパブや書店、ギャラリーや映画館など、勉学以外にも楽しみがたくさん溢れています。

歴史

グラスゴーの始まりは小さな集落。この集落は紀元前から形成されており、街が作られたのは6世紀頃と言われています。これ以降グラスゴーはスコットランドの中心となり、12世紀にはグラスゴー大聖堂が建立されました。第二次世界大戦の被害を大きく受け、一時貿易が衰退し経済が急速に悪化したものの、1990年代には経済が回復し、現在に至ります。

面積と人口

グラスゴーの面積はおよそ175平方キロメートル。総人口数は約60万人。近年は人口減少が続いています。

気候

グラスゴーの年間平均最高気温は、約11.7度。日本では全国各地で猛暑に襲われる7~8月でも、グラスゴーでは18度前後がほとんどです。年間降水量はおよそ899mmと、その数字からも降水量の多さが伺い知れます。そうかと思えば日差しが強く暑いときもあるため、体調管理をしっかり整える必要があるでしょう。

交通

グラスゴー市内には交通網が充実しており、地下鉄もバスもリーズナブルに利用できます。市内観光にはオープントップバスがおすすめ。イギリスと言えば真っ赤な二階建てバスが有名ですが、その二階建てバスを改築してできたのがオープントップバスです。オープンカーのような感覚で景色を楽しみながら移動することできます。

物価

グラスゴーの物価は少々高めの1ポンド=約150円ほどですが、意外と日本と変わらない生活ができます。コストコのような巨大スーパーが多くあり、例えば1キロの鶏モモ肉が2ポンド、ミネラルウォーター10本セットで1.5ポンドなど、驚くほどの格安価格で食料品を販売しています。寮や賃貸の家賃も平均300ポンド程度。場合によっては日本よりもお得かつ贅沢な生活ができるかもしれません。

店舗・商業施設

中心街にはブキャナン・ストリートやクイーンズ・スクエアといったショッピングモールがたくさんあります。生活に必要なものはここで一通り揃えられるでしょう。中心から少し南に行くと、monoという穴場的なブックカフェがあるので、お洒落な落ち着いたカフェでお気入りの一冊を探しながら過ごすのもよいでしょう。店内にはレコードショップも併設されているため、音楽が好きな方にもおすすめです。

代表的な観光地

■ケルビングローブ美術館・博物館

グラスゴー大学近郊(美術館に隣接)にあります。宮殿のような外観もさることながら、展示品もロンドンの大英博物館並みのクオリティ。その展示数や作品の保存状態の良さに衝撃を受けること間違いなしです。ゴッホ、モネ、ダリといった世界的な画家の作品や、古代エジプト美術のコーナーなどが全て無料で鑑賞できます。日曜日の15時からはパイプオルガンのコンサートも開催されているので、館内のカフェで一休みしながら演奏を聴くのもいいですね。

■グラスゴー交通博物館(リバーサイドミュージアム)

グラスゴー市内中心部からバスで30分ほどの位置にある交通博物館。かつて市内を走っていたレトロな電車やバス、自動車のほか、現存する最古のペダル式自転車の展示もあります。2016年3月に急逝した世界的な女性建築家ザハ・ハディト氏が手掛けているため、外観も見ごたえたっぷり。入館無料でカフェも併設されているため、のんびり過ごせます。

■グラスゴー大聖堂

グラスゴークイーンズストリート駅から徒歩20分で行ける壮大な大聖堂。グラスゴーの創始者と言われる、聖マンゴーのお墓があります。15世紀から現存し、中世からの歴史を全身で感じられる荘厳な雰囲気があります。中に入るとまず、19世紀に作られたステンドグラスの青い光の美しさに圧倒されることでしょう。入場無料で、日本語のパンフレットもあります。

■マッキントッシュ・ハウス

日本でも有名な、スコットランドのデザイナー“マッキントッシュ”の自宅が再現された家。当時のインテリアや作品も複数展示されており、中にはなんと浮世絵や日本の家具も。日本人観光客の定番スポットになるほど人気のある場所です。グラスゴー大学のキャンパス内にあり入館無料のため、思い立ったらいつでも行けるおすすめスポットです。

グラスゴーなどイギリスへのご留学について、お気軽にご相談ください。 大学・大学院留学は無料サポートをご利用いただけます。

大阪 06-6371-1116
東京 03-5367-3315
プロに直接相談!無料カウンセリングまずは情報収集 資料請求
  • beoを選ぶ理由
  • サポートの流れ
  • よくあるご質問
  • イベント/セミナー情報
大学・大学院留学フェア
はじめての留学
  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • 願書一括請求

イギリス留学のご相談はbeoへ

「イギリス留学にかかる費用はいくらぐらい?」「どんな大学があるの?」人によって疑問は様々。beoの無料留学相談で、経験豊富な留学カウンセラーにぜひご相談ください。小学生・中学生の留学から、高校留学、大学留学、大学院留学、語学留学もご相談いただけます。

アメリカ、カナダ、オーストラリアなどの留学情報は、留学コンシェルジュ beo(ビーイーオー)
ページ先頭へ